この記事は、書庫のある家.comの「家計簿をお金が減った記録にしない!得た価値の記録にしよう!」に移転しました。

あなたの家計簿、息苦しくありませんか?

節約とか家計管理と言えば、「家計簿」。

家計簿をがんばってつけている方はいると思うのですが、せっかくつけた家計簿を見てため息ばかり。

節約節約ばかりで息苦しい・・・。


家計簿をつけているけど何か変わらないんです・・・という声も聞こえてきます。

初めて家計簿をつけようとする方は、先に「家計簿でつまづかないための3つのポイント」という記事をお読みいただければと思います。


この記事では、家計簿はつけているんだけど、どうも家計簿をつける意味が実感できない方のために書きました。


スポンサーリンク


「家計簿」をつける前にすべきこと

コツコツとまじめに家計簿をつければつけるほど、

「ああ、今月もこんなにお金が減ってしまった」

と、きっと、ため息をついているかもしれません。


家計簿をつけること自体は、お金の管理をする上では1つの手段として重要です。


しかし、多くの場合、「家計簿をつけるときの気の持ちよう」が、



です。


家計簿とは、お金が減った記録ではありません。

あなたが手に入れた価値の記録
です。


例えば、子どものために、可愛い服を買いました。
a0027_002833

ああ、今月も厳しいのに、ついつい買ってしまった・・・


と思って家計簿に書くのと、


良い服が買えたし、これからいろんなところに出かけるのに使えるからやったね!

と思って家計簿に書くのとでは、

全くあなたと家族の人生は異なるものになるでしょう。

本当に「お金が減った」だけですか?

複式簿記(ふくしきぼき)をご存じでしょうか。

複式簿記という方法では、1つの出来事について2つの視点からとらえます(この表し方を仕訳(しわけ)と呼びます)。


例えば、洋服を2,000円で買ったなら、

洋服 2,000円 / 現金 2,000円

と表します。


この場合は、左にあることで、

「洋服を手に入れたこと」

を表します。


また、右にあることで、

「お金が減ったこと」

を表しています。


家計簿はお金が減った記録だと持っている人は、右の方ばかり見ていませんか?


一方、左の方を見たらどうでしょうか?

お金は減ったのでしょうか?


そうではありませんね。

お金は「洋服」に形を変えました。


もっと言えば、千円札2枚が洋服に形を変えました。

確かに千円札はなくなりましたが、何も残らないわけではありません。

ちゃんと手元に洋服があります。
a0027_002833

ムダ遣いとは、お金が減ることではない!

ところで、「ムダ遣い」とは何でしょうか?


意外に思うかもしれませんが、お金が減ること自体は、ムダ遣いではありません。


なぜなら、お金が減った代わりに何らかの価値(今回は「子どもの服」)を手に入れているからです。


お金はちゃんと遣われました!


私が考えるムダ遣いとは、あなたが手に入れた価値を0円にしてしまうことです。


例えば、まとめ買いした「きゅうり」を腐らせてしまうとかですね。


きゅうり 100円 / 現金 100円
  ↓
腐ったきゅうり 価値0円


お金が減ったからムダなのではありません。


ちゃんと、買い物の段階では「100円分のきゅうり」という価値を得ました。

しかし、それを腐らせてしまった・・・。

価値を0円にしてしまったのです。

それこそが、本来のムダ遣いなのです。


右側ではなく、左側を見ないといけません。



例えば、衝動買いで買った洋服を着なかったとしましょう。

流行が去って捨ててしまいました。

洋服 1万円 / 現金 1万円
 ↓
一度も着なかった洋服 価値0円


何度も繰り返しますが、お金が減ったからムダなのではありません。


ちゃんと、洋服という価値を得ました。

しかし、それを一度も着なかった・・・。

それこそが、本来のムダ遣いです。

お金が減ったことではなく、自分が手に入れた価値を十分に活かしてあげられなかったことが問題なのです。

まとめ:あなたの家計簿や手帳を「豊かさ」を感じるツールにしよう!

私たちはどうしても、「ない」ことに目を向けがちです。


しかし、「ある」ものに目を向けて行けばいくほど、実は、自分は多くのものを既に得ていることに気づきます。


得ているのに、「空気」のように当たり前すぎて、存在しているはずなのに、見えていないのです。


モノがあふれている時代なのに、なぜ豊かさを感じないのか?


簡単です。


ただ、あることが当たり前すぎて、そのことに気づいていないだけなのです。


家計簿は、1円単位で財布の中身と合わせるとか、ちょっと肩の力を入れすぎるの、やめてみませんか?


家計簿をあなたが得た価値の記録にするだけで、お金との付き合い方が変わります。

まずは、得ている価値に気づくことが大事です。


お金との付き合い方が変われば、人生が変わります。


あなたが今日買ったものは、何ですか?

良かったですね、手に入って。


もし、家計簿をつけていなくてもOKです。

欲しかったものを買ったときは、カレンダーでも手帳でもいいから、手に入った価値を記録しましょう!

それをときどき眺めましょう。

それがあなたにとっての豊かさをもたらしてくれます。

次の記事へ > これで後悔を減らせ!買い物の満足感が増えるたった1つのルール