住・My・Note(住まいノート)とは?

フラット35(買取型)で返済中には、住・My・Note(住まいノート)というサービスを利用することができます。

住まいノートは、契約情報を確認できるだけでなく、繰上返済のシミュレーションや繰上返済の申込みができます。
① ご契約情報の確認
② お借入金残高の照会
③ 繰上返済シミュレーション
④ 繰上返済のお申込み
⑤ 返済計画表(償還予定表)の出力
⑥ 書類の発行依頼(住宅ローン控除用融資額残高証明書、融資残高証明書、返済計画表(償還予定表))
⑦ お客様情報(ログイン時のパスワード、メールアドレス、情報配信サービスの配信希望、住所、勤務先、家族情報、物件情報等)の変更
⑧ お役立ち情報の閲覧
特に繰上返済は、金融機関の窓口では100万円以上からとなっているのが、住まいノートを利用すると、10万円以上(注)から繰上返済ができます。

なお、繰上返済手数料は無料です。

(注)ただし、ボーナス併用返済で返済期間を短縮する場合は6回分以上が必要
  スポンサーリンク


住まいノートは無料で利用できる?

このサービスの利用自体も無料となっています。

また、お客様IDは簡易書留で送られてきますが、この送料も負担する必要はありません。
 

住まいノートはいつから利用できる?

フラット35の資金実行日の3営業日後からお客様IDの申請ができます。
 
利用可能時間は8:00~26:00(毎日)となっています。


お客様IDの申込み手順

『住・My Note』‐住宅金融支援機構‐」 のトップページのうち「新規申込依頼」をクリックします。

住まいノート1

最初に利用規約の確認があるため、右下の「同意する」を2か所チェックします。
住まいノート2

「申込者情報」として氏名、生年月日、住所を入力します。
住まいノート3


「引落口座情報」の入力が重要となるので、正確に入力しましょう。そして、「連絡先」として電話番号とメールアドレスを入力します。
住まいノート4


この後、確認画面が出てくるので、内容をもう一度、上から順番に確認して、よければ「申込み」ボタンをクリックします。
 住まいノート5
これでIDの申込みの受付が完了しました。
住まいノート6

メールアドレスにも、受付確認メールが届いています。
 住まいノート7

これで、入力した住所に簡易書留で届きます(1~2週間程度)が、もし、2週間を経過してもお客様IDが届かない場合には、 問い合わせをして確認した方がいいですね。

お客様IDとパスワードで、ログインをします。

『住・My Note』‐住宅金融支援機構‐
 
 
お客様IDが到着次第、一部繰上返済をしたいと思います。


8月21日追記

8月17日に申し込みましたが、1週間とかからずに8月21日に簡易書留でもう到着しました。

実際に繰上返済をした結果は次の記事に書きました。

次のページへ 「住まいノートでフラット35の繰上返済を実行!これで1000万円返済