本来はこの作業は来年の2月くらいにしてちょうど良いのですが、今のうちに少しやっておいた方がいいかな、ということで、今のところわかっている月の分までまとめておくことにします。

スポンサーリンク



【我が家の実例】

<太陽光発電設備の基本情報>
太陽光発電3年目
容量:7kWh
方式:余剰売電
屋根方向:15°(南西)
屋根勾配:1.5寸勾配全面片流れ
都道府県:愛知県
電力会社:中部電力

<平成26年分(カッコ内は前年比)>
1月分 18,354円(▲672円)
2月分 19,656円(+2,268円)
3月分 22,638円(▲2,688円)
4月分 31,416円(+1,092円)
5月分 37,422円(▲6,594円)
6月分 32,214円(▲126円)
7月分 25,788円(▲84円)
8月分 30,072円(▲2,562円)
9月分 25,620円(+1,932円)
10月分 27,510円(+882円)
小計 270,690円(▲6,552円) 
月平均27,069円(▲655円)

270,690円÷42円/kWh=6,445kWh相当

通帳では、こんな感じで入金されます(10月検針分⇒11月上旬入金)。
無題



分析の結果、今年の5月分(4月後半から5月前半まで)の発電量が前年に比べて結構差があったんだな、と思うところです。それ以外の月は、2カ月連続で考えるとプラスマイナスでそんなに差がないですね。

同じ月と言っても、検針期間が1~3日ずれれば、前年と当然異なりますので、そういう結果だと思います。

2014年4月の天気(愛知県)
2014年4月の天気


2014年5月の天気(愛知県)
2014年5月の天気

出典 Yahoo!天気

4月後半はちょっと曇りが多かったんでしょうか。また、5月前半は発電には良い天気のように見えますが、これだけ差が出た原因はよくわからないところです。

まあ、分析してもどうこうできるわけではありませんが、太陽の恵みについて考えてみるのもたまには良いかと思います。


なお、一条工務店で家を建てた皆様にはおなじみの、夢発電という名のローンを利用していますが、毎月22,186円返済のため、

売電収入:270,690円

ローン返済:▲221,860円


売電手取り:+48,840円
(※所得税等は考慮外)


と今のところ黒字ですね。

42円時代に導入しているため、効果は大きいです。


また、当然ですが、我が家は余剰売電なので、日中は太陽光発電の発電でまかなっています。

まかなえなかった電気については中部電力から購入していて、その10か月累計は、

電気代:▲62,831円

売電手取り:+48,840円

差引:▲13,991円

とまあ、夏に24時間エアコンをずっとやっていた割には、10か月で実質的な電気代負担は月1千4百円くらいしかないという状況です(全館床暖房はガスなので、実際の光熱費はガス代がそれなりにかかってます)。