書庫のある家@i-cube

一条工務店で注文住宅を建てて4年目です。4500万円の住宅ローンを返済するため、家計管理・節約を工夫し、年末調整・確定申告、クレジットカード活用術などお金を中心とした役立つ情報をご紹介しています。

カテゴリ:【税金・社会保険】 > 太陽光発電と税金

この記事は、書庫のある家.comの「太陽光発電の全量売電は事業所得?雑所得?判断基準をご紹介」に移転しました。太陽光発電は副業にあたるのか?(公務員と売電収入問題)に続けて、もう1つ気になるのが、太陽光発電の事業的規模の問題です。不動産賃貸には税法上、5棟10 ...

後付けは「17年」でOK。では、屋根一体型は?この記事で100%の答えは出ませんが、考え方の流れと問題提起だけでも書きたくて、整理しました。読まなきゃよかった!と思う人続出なので、「17年」にした人は、読まない方がいいかもです。国税庁の公式見解は「屋根一体型」を想 ...

太陽光発電の売電収入と税金まとめ2015年(平成27年)に太陽光発電を家やカーポートの屋根に設置した方へ、「太陽光発電と税金」に関するよくある質問をまとめてみました。 ...

自宅の屋根に太陽光発電パネルを設置する方が増えてきましたが、確定申告時期になると、太陽光発電の売電収入で確定申告をしないといけない方は、「雑所得」なのか「事業所得」なのかで悩むようです。 ...

11月に新たに公表された国税庁(税務署の元締め)の某情報によれば、全量売電は全部売っぱらっちゃうんだから会社員でも課税対象だよという見解が示されました。じゃあ、全量売電の場合、太陽光発電設備の購入に支払った消費税は、還付されるってことでしょうか??簡単に ...

会社を休んで妻と保育園の面接に役所まで行ってきましたが、保育園の「保育料」って、世帯の所得税で決まっているところが多いように思いますということは、太陽光発電で所得税が増えたら保育料が増えるんじゃ・・・ ...

●直近1年間を比較してみました。POPOLOGさんの記事を読んだ妻から「ウチはどうなの~」と以前、リクエストがありましたので、 比較してみました引渡しから1年数カ月が経ったので、そろそろ直近1年間のデータを使っても、標準的に使った場合のデータになっているかと思います ...

●太陽光の売電収入は「雑所得」・・・ということは?個人が自分の家の屋根で行う太陽光の売電収入は、一般的には所得税の世界で「雑所得」という区分になりますこの雑所得(=売電収入-経費)は、年20万円を超えると所得税の確定申告の対象です。(住宅ローン控除や医療 ...

太陽光発電の売電収入から必要経費を引いた雑所得ベースでも年間20万円を余裕で超える時代がやってきました。雑所得も年間20万円を超えてしまえば毎年確定申告をすることは、勉強熱心な皆様はご承知かもしれませんが、さて、そもそも「誰が確定申告するか?」という建設的な ...

今さらですが、一般の住宅の太陽光発電の売電は、「余ったら売る(電気会社からすると「余剰電力」買取制度)」仕組みとなっていますつまり、「いかに発電したか」ももちろん重要ですが、「いかに発電した電気を使わずに余らせたか」ももっと大事です ...

↑このページのトップヘ