Pontaでガソリンを払おう!

Pontaポイントが5万ポイント貯まったので、昭和シェルでガソリンを入れてきました。
昭和シェル 8Ponta利用後のレシート

この記事では、 昭和シェルでPontaを使う方法を画像付きでご紹介しています。
スポンサーリンク


支払方法は「カード」を選択

操作するタッチパネルはガソリンスタンドによって異なる可能性もありますが、基本的には同じような操作ではないかと思います。

まずは、支払方法のボタンを押します。Pontaポイントの場合は「カード」を選択します。
昭和シェル 1支払方法の選択(Ponta支払い)

タッチパネルのそばにあるカード挿入口にPontaカードを入れます。
昭和シェル 2カードの挿入

ちなみに、私が使っているPontaカードは「ローソン」のものです。
ローソンPontaカード

昭和シェルでも独自のPontaカードが発行されていますが、特にこれでも問題ありません。

なお、昨年11月からローソンで配布されているJCBプリペイドカード「おさいふPonta」昭和シェルでは利用できないため、ご注意ください。


そして、「ポイントをつかう」を選びます。
昭和シェル 3Pontaポイントを使う


使用するポイントは「ちょっと多め」に

「ご利用ポイントを入力してください」とメッセージが出るので、今回の給油で使うポイントを入力します。
昭和シェル 4使用ポイントの入力
このとき、最初の頃は、「たくさん入力しすぎると、使ってない分までなくなってしまうんじゃ・・・」という不安がありました。

例えば、本当は3000円分のガソリンを入れたいのにポイントは2500円分にするとか、ちょっと少なくしていました。

しかしそんな必要はなく、例え3500円分のポイントを入力して、ガソリンは3000円分給油したとしても、なくなるポイントは使った分だけ(3000円分)です。

逆に、少なくしてしまうと、あとで足らなくなるので、ちょっと多めにしておくとよいでしょう。

「現金の投入が終わりましたら、確認ボタンを押してください」と出てきますが、あくまで今回はPontaポイントだけで支払いますので、そのまま確認ボタンを押します。
昭和シェル 5使用ポイントの確認

給油の種類は間違えないように!

これはどんな支払いの場合もそうですが、間違えないように気をつけましょう。

我が家の場合は、レギュラーです。多めにポイントを入れておけば「満タン」を選択してもいいのですが、今回は「金額指定」を選択しました。
昭和シェル 6給油の種類の選択
まあ、そもそもPontaポイントを3,000円分使うとしているので、「金額指定」が組み合わせとしてはイイかなと思いまして。

「3000円」のボタンを押して準備完了です。
昭和シェル 7金額の選択

あとは燃料油キャップを外して給油していきます。

Pontaで給油した結果

この通り、ガソリン26.78リットルを1リットル102円で2,732円分給油しました。
昭和シェル 8Ponta利用後のレシート
全額ポイントで払ったので、合計は0円となっています。

なお、Pontaポイントで払った場合、Pontaポイントは貯まりません。あくまで、「使う」か「貯める」かの2択です。


昭和シェルのガソリンスタントの中には、Pontaが使えない場合もあるようなので、こちらからお近くの昭和シェルが対応しているか、確認しましょう。

昭和シェル公式サイト Pontaがつかえるサービスステーション

昭和シェル サービスステーション検索

Pontaが貯まるクレジットカードは?

まだ利用可能ポイントは5万円以上ありますね。

しばらくガソリンはクレジットカードのポイントだけで入れられそうで、大いに節約になります。
Pontaポイント通帳

そもそも今回のPontaポイントは、クレジットカードを利用していることによって得たポイントです。

おすすめは、還元率1.2%のリクルートカードです。

⇒ 
【nanacoも楽天Edyもチャージでポイントが貯まるVISAはいかが?】 リクルートカード還元率1.2%の詳細はこちら

⇒ 【JCB】 リクルートカード還元率1.2%の詳細はこちら



関連記事
リクルートポイントをPontaに交換する方法と2つの注意点