続々と借換え仲間の声が寄せられています

いよいよですね。

私も同じ名古屋支店でした!

スムーズなやりとりで長いようで短い?期間でしたが、色々勉強になり良い経験になりました。

変動金利からの、借り換えなので、やっとローンの金額が確定し安心できました。

by Tomoさん
こんばんは。私も手続完了しました。

同じく名古屋支店です。

思ってたよりも事が早く進んでよかったです。

後は、振込だけですね。ドキドキ。

by キノウさん
( ̄▽ ̄)こんにちわ。

neronaさんのブログを参考に、5/17無事に名古屋支店にて金消契約できました。

6月も迷いましたが、6月はやや上昇傾向ですので良かったです。

ありがとうございました。

あと、うちもリクルートカードプラスで、ガンガンポイント貯めています笑。

by aan56370さん
みんな名古屋支店だYO!

借換え仲間ですね。ふふふ。

・・・というわけで、全国で借換えラッシュみたいですが、「neronaさん、借換えってどんな費用がいくらかかるの?」という質問をいただいたので、この記事でお答えします。

スポンサーリンク


1番かかるのは「借換え手数料」 

【実際に払う金額】
今回の借入金額×0.444%
3,600万円×0.444%
=159,840円(税込)

借換えを検討するにあたって1番費用がかかるのは、新しい借換え先に支払う借換えの手数料です。

何度もご紹介していますが、圧倒的に手数料が安いのが優良住宅ローンです。

※キャンペーン中なのでかなり安いです。
優良住宅ローン手数料

そもそも、同じ金利の条件で比較したら、手数料が安いところがいいに決まっています。


「いやいやneronaさん、安かろうまずかろうじゃ困りますよ。ちゃんと対応してくれるの?」

という疑問もあるかと思いますね。

わからないことがあったらすぐに電話で質問しましたが、難しい言葉なく教えてくれました。

借換えの契約当日も、担当者の方も非常に丁寧に対応いただきました。

ありがとうございましたm(_ _)m

みんな気になる司法書士の費用は?

【登録免許税】
(1)抵当権設定登記
今回の借入額×
0.4%
=3,600万円×0.4%
=144,000円

(2)抵当権抹消登記
不動産の件数
×1,000円
=2件(土地1・家屋1)×1,000円
=2,000円


合計146,000円

登録免許税は自分でやっても必ずかかります。

なお、抵当権設定登記は、最初の住宅ローンの時は、借入額×0.1%と、実は、優遇されていますが、借換えのときにはこれがありません。そのため、4倍になるので、なんか高いなあ、と思うと思います。


【実費】
もろもろ 6,148円

登記事項証明書の発行手数料や郵送費、交通費などが入ってました。あんまり細かく書くのはやめておきましょう。


【司法書士報酬】
66,960円(税込)

たぶん、3,600万円の借換えをしているため、この金額だと思います。決して安くはない金額ですが、こういうのは専門家に任せる方針なので、お支払いしました。

2,000万円くらいの借換えなら、もう少し安いのでは?と思います。

また、他の地域では提携している司法書士さんも違うでしょうから、あくまでこれは1つの例に過ぎません。


自分でこれらの登記ができるかどうかは、私は確認していませんので、節約したい方は、直接ご確認ください。

その他の費用

【印紙代】
金銭小貸借契約書用
借入額1000万円~5000万円:20,000円


その他
200円×2枚=400円


合計20,400円


ほとんどの人が、この金額になることでしょう。

印紙は金券ショップで買ったので、これより少し安くなってます。

【納税証明書・住民票・印鑑証明書】
納税証明書
2人分×2枚×400円
=1,600円


住民票の写し
1通300円


印鑑証明書
2人分×2通×300円
=1,200円


合計3,100円

夫婦連帯債務ですので、2人分いるものもあります。

また、納税証明書もタイミングによって必要な枚数が異なるかと思いますので、よくご確認ください。

借換え費用の合計は?

借換手数料:159,840円
登録免許税:146,000円
実費:6,148円
司法書士報酬:66,960円
印紙代:20,400円
納税証明書外:3,100円

合計 402,448円 

借換えのシミュレーションでも40万円くらいだったので、ほぼまあこんなものですね。

改めて、借換え後がこちらです。
借換え効果

今回の費用を引いても、236万円得することになりますね。


おっと!そういえば、借換えの契約後に妻と2人で久しぶりに美味しいランチを食べたのを忘れていました。

妻とランチ
1,900円×2人分=3,800円


合計 406,248円


うんうん。

がんばったもんね。

いいよね。これくらい、食べてもね。


今回失敗したこと!

最後になりましたが、借換え後に失敗したな、と思ったのは、借換えの前に繰上返済すれば良かったという点です。

例えば、借入額が3,600万円ではなく3,500万円になれば、その分だけ、借換手数料も登録免許税も節約できたのに、思いつきませんでした。

ええっと、今回は「×0.844%」ですね。

100万円で約8千円。

500万円で約4万円。。。

もし、手元に余裕資金があって、繰上返済をしようと思っている方は、先に繰上返済してから借換えという手もあるかもしれませんね。