続報を待っていましたが、2015年11月24日から、じゃらん・ホットペッパーなどのリクルートのWebサイトで貯まるポイントが、リクルートポイントから「Pontaポイント」になります。

同時にリクルートカードプラスの改悪を勝手に心配していましたが、今のところ、その様子はありません。 

スポンサーリンク



まず、リクルートのWebサイトで貯まるポイント

「リクルートポイント」から「Pontaポイント」に

変更されます。


これにより、リクルートの20のサービスで「Pontaポイント」を貯めて使えるようになります。

じゃらんnet
じゃらんゴルフ
ホットペッパー グルメ
ホットペッパービューティー

ポンパレ
ポンパレモール

ポンパレeブックストア
赤すぐnet
赤すぐ出産祝い
MARQREL
Oisix × リクルートポイント
やっちゃばマルシェ
TABROOM STORE
三越伊勢丹×リクルート キノギフト
ERUCA
ショプリエ
Airウォレット
リクルートかんたん支払い
レアジョブ英会話リクルート校
人間ドックのここカラダ


これに伴い、リクルートポイントのWebサイトと「Ponta.jp」の機能やサービスを融合した新たなPonta公式サイトが登場します。


その名も「Ponta Web」です。
main_img
出典:Ponta Web


これにより、Pontaポイントをリクルートの各種Webサービスで使うことができるようになります。


・・・ん? なんかおかしくないか??


そうなんです。


リクルートのWebサイトで貯まるポイントが

「リクルートポイント」から「Pontaポイント」に

変更されますが、


リクルートカード(プラス)で貯めたポイント

今までどおり「リクルートポイント」

として貯まります。


直接「Pontaポイント」ではないんですね。

「リクルートポイント」については、今までどおり、交換手続きを行って、「Pontaポイント」に交換できるようですが、どうせなら、そんなひと手間いらなかったのに・・・。


そして、

サイト限定ポイントやリクルート期間限定ポイントも、

今までどおり「リクルートポイント」

として、Pontaポイントに移行できません。


そういうことだったのですね。。。


しかし、不便ではありますが、逆に言えば、

「リクルートカードプラスの還元率の改悪」

の可能性は、減りました。

なぜかというと、ポイント還元率2%が維持できるのは、あくまでリクルートカードプラスが加盟店手数料だけではなくて、自社サービスの利用を前提にしているからと考えているからです。

Pontaポイントとの統合が中途半端な分だけ、改悪の可能性が減るわけです。

リクルートポイントとPontaポイントの交換比率は「100:100(実質1:1)」で変わらなかったので、ますます使い倒したいと思います。


⇒ 【楽天Edyもポイントが貯まるVISAはいかが?】 リクルートカード還元率1.2%の詳細はこちら


関連記事 リクルートポイントからPonta(ポンタ)への交換で気をつけること