日経新聞を解約したいけど、どこに連絡したらいいかわからないという方に、2つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク



【1】領収書に書いてある販売店に電話する。
 
日経新聞は、 あなたが住んでいる地域を担当する販売店と契約して購読しているので、販売店に電話をして解約をする必要があります。

我が家が日経新聞を取っていたときには、毎月、領収書が発行されていて、そこに販売店名と電話番号が書いてあったので、そこに連絡しました。
 

【2】日経に電話する。

しかし、販売店によっては領収書を発行していないところもあるようで、連絡先が分からない、という場合もあることでしょう。

そういう場合には、下記に連絡してください。


日本経済新聞社購読センター 

フリーダイヤル:0120-21-4946

受付時間:24時間



もともと、購読の申込み受付が本来の目的ですが、住んでいる地域をもとに販売店の連絡先を教えてくれます。


というわけで、いずれかの方法で連絡先がわかったら、電話をして解約してもらうように伝えましょう。


なお、日経新聞を無料で読む裏ワザもありますので、本当はやめたくなかったけど、お金の関係で解約しようと思った方は、こちらを利用してはいかがでしょうか。


関連記事
日本経済新聞を解約して無料で読むとても簡単な方法


【このブログのおススメ記事】

さらにおこづかいを増やす方法をご紹介します。


関連記事
nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

クレジットカード払いで年2万円節約する固定費一覧