この記事は、書庫のある家.comの「「日経新聞を無料で読む簡単な方法と意外なデメリット」に移転しました。


日経新聞が無料で読める「日経テレコン」

ネット上で日経新聞が読める日経テレコンというものがあります。

「日経新聞(日本経済新聞)」「日経産業新聞」「日経MJ(流通新聞)」「日経地方経済面 」「日経プラスワン」など、いろんな情報がネット上で読めます。

有料サービスで、月8,000円+税かかります。


スポンサーリンク



・・・あれ?

むしろ日経新聞をふつうに頼むより高くなっているような・・・?


※ちなみに、日経新聞の電子版とは全くの別物です。


「日経テレコン」がタダで使える証券会社は?

そこで証券会社の登場です。


証券会社は顧客獲得のため、いろいろなサービスを実施していますが、その一環として、日経テレコンを「タダ」で使える証券会社があります。

株式投資に関する情報を得るなら、やっぱり日経新聞って、ことですね。


それが、楽天証券と丸三証券です。


本家で日経テレコンを月8,000円+税で申し込むと、過去30年間分、日経以外の新聞も検索できます。

もしかすると、大学生の時に図書館で新聞記事を日経テレコンで調べ物をした方もいらっしゃるかもしれませんね。


一方、証券会社が提供するものはちょっと制限があります

楽天証券も丸三証券も、日経各紙を読むことができるのは「過去3日間」です。

また、過去1年間の記事を検索することができます。

これだけでも十分すぎる機能です。


楽天証券 VS 丸三証券

さて、私はよく楽天市場を利用するので楽天証券の方から申し込んでみたのですが、実は、使ってみてから3つの大きなデメリットがあることに気づきました。


楽天証券のデメリット

(1)「専用ソフト」が必要

ブラウザで読むのではなくて、専用ソフト(マーケットスピード)をダウンロードしないといけません。

パソコンで読む方は、全く問題ないのですが、通勤途中やお昼休みとかにスマートフォンやタブレット端末(私はiPodtouchかiPadminiを使ってます)で読みたいなという方には、スマートフォンやタブレットではダウンロードができないので使えません!


(2)条件を満たさないと有料になる

日経テレコンの利用料金自体は無料ですが、一定の条件を満たさないと「専用ソフト」の方が有料になって、トータルで見ると、結局無料になりません。

専用ソフトを無料にする条件とは、主に次のどれか1つを満たすことです。
・楽天FX取引口座などの開設
・お預り資産残高30万円以上
・過去3か月の間に国内株式などの取引があること


既に楽天証券に口座がある方は、特に問題ないと思います。


(3)マーケットスピードがちょっと複雑な気がする

株式投資をがっつりする方には、好評のようですが、ハイスペックなせいか、ちょっと操作に手間取ります。



「丸三証券」の場合は?

(1)専用ソフトなんていりません。

ブラウザだけあれば読むことができるので、タブレットでもスマートフォンでも気軽に読めて便利です。しかも証券口座へのログインができればどのパソコンを使っても読むことができるので、職場でこっそり仕事をしているふりをすることもできるかも(自己責任でお願いします)。


(2)無条件に無料です。

口座開設だけで日経テレコンが「無条件」に「無料」で利用可能です。

ただし、あまり口座に動きがないと口座が閉鎖になるという情報があります。


(3)ログインすればすぐ読めます。

【パソコンやタブレットの場合】

証券口座へのログインは、「Google Chrome」がおすすめです。

特にタブレットの場合は、ログインIDやパスワードをイチイチ入力が面倒でやめてしまう方もいるそうですので、Google Chromeをブラウザにしてパスワードなどを覚えさせてみてはいかがでしょうか。


1.ログイン後の画面で「NIKKEI TELECOM21」を選びます。


2.後は読みたいものを選ぶだけです。

・・・もう終わってしまいました。

ちなみに、この記事はPDFなので重宝しています(紙だとスクラップブックに貼ったり、スキャンとかしないといけないのが手間なので)。

以前は、紙の日経新聞をビリッと破っていましたが、PDFだと記事は当然ですが鮮明にキレイに出るので、重宝しています。


【スマートフォンの場合】

丸三証券のアプリがあってダウンロードしてみましたが、残念ながら、アプリからは日経テレコンにアクセスできませんでした。

そのため、やはりブラウザでログインする必要があるのですが、スマートフォンも証券口座へのログインも、「Google Chrome」がおすすめです。

そうすると、やはりパソコンと同じような画面が出てきて、「NIKKEI TELECOM21」を選びます。

後はパソコンと同じです。

あんまりスマートフォンに特化していないようなので、文字が小さい傾向にありますが、記事を読むときはスマートフォンを横向きにするのも1つの手です。

※なお、使用方法によってGoogle Chromeへのログインが危険になる場合もあるので、共有パソコンや他人のパソコンからログインしたりするのはやめましょう。

参考 危険過ぎるGoogle Chrome(クローム)の同期データについて



丸三証券にもデメリットはないの?


(1)記事を見逃すかも

これは丸三証券に限ったことではないのですが、日経テレコンの仕様で記事は「見出し」で表示されるので、紙で読むように、記事の大きさや画像でなんとなく目に入る、ということがありません。

つまり、もしかすると自分に関係のある記事を見逃す可能性もあるということですね。

まあ、1週間くらい読んでいると、慣れて見逃すことはなくなりましたが、最初の数日間は戸惑いました。

記事の大きさで記事の重要性を判断している方にとっては、どうしても紙の感覚でないと見つからないかもしれませんね。


(2)3日読まないと消える・・・

もう1つは、3日分しか購読できないという点です。

毎日読んでいたら問題ないのですが、例えば、週末に1週間分まとめて読もうとか、そういうことができません(逆に言えば、紙のように溜まっていくことはないですけどね)。

毎日この時間に日経新聞を読むとか、決めておくといいかもしれません。

最初に書いたように、「日経新聞(日本経済新聞)」「日経産業新聞」「日経MJ(流通新聞)」「日経地方経済面 」「日経プラスワン」が3日分ずつ、無料で読めるので、3日に1回まとめて新聞を読む時間を作ってもいいかもしれませんね。


あ! 見逃したけどあの会社のことが載ってたはずなのに、という時には、過去1年間の記事を検索することができるので、もしキーワードがわかるような場合には、検索すれば読めますので大丈夫です。

日経新聞だけではなくて日経産業新聞なども該当すれば出てくるので、あとでまとめて1つのことについて調べるには本当に便利です。紙の新聞ではできませんよね。


(3)チラシ広告が手に入らない!

丸三証券のせいでも何でもありませんが、もし、日経新聞しかとっていなかったら、この方法を使うことで新聞自体を取らなくなり、紙のチラシ広告が手に入らないという心配もあるかもしれませんね。

残念ながらチラシ広告を無料で届けてくれるサービスはほとんどなくなりましたが、ネット上でチラシ広告が読めるサービスもあるので参考までにご紹介します。

参考 
Shufoo!(シュフー)

オリコミーオ!

シュフモ




いかがでしたでしょうか。


この方法は、

・最低でも3日に1回はパソコンやタブレット、スマートフォンで日経新聞をチェックできる!


という方に向いていると思います。

さらに節約したいあなたへ

fEnBog6wMQB4zgV1430044133_1430044256