注文住宅に関するブログらしい記事のタイトル(?)をつけてみましたが、実はこのタイトル、私が考えたものではなくて、とあるサイトを見ているときに出てきた言葉でした(そもそも挑発的ですよね)。

スポンサーリンク




その家づくりに関するサイトでは、地元のハウスメーカー・工務店の実例を紹介しているのですが、その中に、家づくりのポイントになることが書いてありました。

外部サイト 家づくりnetふくおか

無題

この実例の中で、最後の文章を引用させていただくと、
実は、新しい家を建てることが決まり、間取りをどうするか考えていた時に子どもたちから聞こえてきたのは「家族がバラバラになるなら新しい家はいらない」という意外な言葉だった。
そこで、1階の共有部はひと続きにし、2階への階段もリビング内に設置。2階の部屋も、あえて〝誰々の部屋〟とくくることをしなかった
その結果、家族は知らず知らずのうちに、リビングに集まることに。廊下を挟んだ反対側にプライベートルームを持つおじいちゃん、おばあちゃんがダイニングでくつろぐことも多く、家族全員が関わる機会は以前にも増して増えたそう。
とあります。


「間取り」が家族をバラバラにしていませんか?

我が家は、現在の家に住む前は、マンションに住んでいました。現在の家に住むことになって、当然ですが、家の面積は増えました

マンションにいた時の部屋は2DKでした。

ちょっと声をかければすぐに顔を出して「どうしたの?」とコミュニケーションが簡単にできましたが、2階建ての現在の家では、ちょっと離れたら声をかけてもわからないことがあります。

ご紹介した実例でも、
実は、新しい家を建てることが決まり、間取りをどうするか考えていた時に子どもたちから聞こえてきたのは「家族がバラバラになるなら新しい家はいらない」という意外な言葉だった。
と書かれていますが、その前には、「夫婦と子供4人がひと部屋で仲良く暮らしていたAさん一家」と書かれています。

つまり、大人は間取りをどうしようかと夢中になっているときに、家族がバラバラになる可能性を子供たちは感じていたようです。



「子供部屋」を最優先にしていませんか?

そして、面白い発想だなと思ったのが、
そこで、1階の共有部はひと続きにし、2階への階段もリビング内に設置。2階の部屋も、あえて〝誰々の部屋〟とくくることをしなかった
というところですね。

「子供部屋」はまさに「誰々の部屋」の典型例だと思います。

といっても、子ども部屋か必要か不要か、という議論は、このブログでは扱わないことにして、AllAbout(オールアバウト)の次のまとめ記事をご紹介するのにとどめます。

 外部サイト 頭の良い子が育つ間取りとは? 子ども部屋はいらない?


じゃあ、「「子供部屋」を最優先にしていませんか?」という見出しはどういう意味だ、と思われるかもしれませんが、見出しのとおり、私は必要とも不要とも言っていません。

子供部屋を与えられて育った経験から、あった方がいいと思っています。

でも、最低限でいいと思ってます。我が家では、子供部屋に当たる場所は、テレビは見れないように配線はしませんでした(といっても、既にテレビの配線なんかなくてもテレビは見れる時代なのでまったく意味はありませんが)。


ここで主張したいのは、他に「最優先」にする場所はありませんか?、ということです。

最優先というのは、時間とお金をいかにかけるか、という意味です。



「リビング」を重視していますか?

というわけで、次の文を読んで、その場所とは、「リビング」ではないかと思わされました。
その結果、家族は知らず知らずのうちに、リビングに集まることに。廊下を挟んだ反対側にプライベートルームを持つおじいちゃん、おばあちゃんがダイニングでくつろぐことも多く、家族全員が関わる機会は以前にも増して増えたそう。
子供たちのことを考えて子供部屋を充実するよりも、リビングをもっとくつろげるようにした方がいい、というのが、この実例から思ったことです。


また、次の記事では、「もちろん子供にも成長のため「自分だけのスペース」を用意する必要はあります。しかしそれは、必ずしも「独立した孤立部屋」でなければならない理由はありません。」とあります。これも気になるところですよね。

 外部サイト 子供部屋は必要か?引きこもり、非行を防ぐ簡単設置のポイント

もちろん、すべてが間取りで決まるわけではありませんし、解決するわけでもありませんが、リビングをもっとくつろげるようにすることで、家族でコミュニケーションを取りやすい間取りを作ることは可能だと思います。


・・・というわけで、とあるサイトを読みながら思ったことを書いてみましたが、なかなか自分が建てた時にはそこまで考える余裕はなかったので、これから家を建てる方にとって、お役に立てることがあればと思い記事を書いてみました。


どうすれば、リビングで家族みんながくつろげると思いますか?


関連記事

・なぜ家づくりノートを作ると良い家づくりができるのか?(1)


・注文住宅で作るのは、「自分たちの暮らし」

・効果的に家づくりをするための「魔法の質問」とは?