年末調整の還付金が返ってくるパターンはいくつかあります。

スポンサーリンク



【パターン1】 12月の給料で還付

12月の給料と一緒に振り込まれるパターンです。

この場合、12月に年末調整をするため、割と早いペースで年末調整の必要書類の回収をされます。


【パターン2】 翌年1月の給料で還付

翌年1月の給料と一緒に振り込まれるパターンです。

12月に年末調整をして、その結果を翌年1月の給料と一緒に振込みをします。


【パターン3】 給料とは別に「現金」で還付

12月か1月に給料とは別に「現金」でもらうパターンです。

年末調整の計算が終わり次第です。

例えば、年末や年明けに渡したりします。

給料を現金手渡しの場合は、12月や翌年1月の給料と一緒にもらう場合もあります(パターン1・2と実質同じですが)。


【パターン4】 「還付」されない!

意外とあるのがこのパターンです。

Yahoo知恵袋なんかでも「計算間違いではないですか?」という質問をよく見かけますが、たいてい、原因は2つです。

(1)そもそも源泉徴収された所得税が0円

還付しようがありません。

毎月の給与明細をよく見てください。

所得税は「0円」になっていませんか?

年末調整はあくまで源泉徴収されすぎた所得税が還ってくるだけで、そもそも源泉徴収されていなければ、税金は還ってきません。


(2)源泉徴収された所得税が足らなかった

例えば、源泉徴収された所得税5万円で、

年末調整をした結果、本来の所得税(年調年税額)5万2,000円だったら、

2,000円源泉徴収が『不足』していることになります。

(参考)年末調整の計算フロー
年末調整

この場合、還付ではなく「徴収」になります。

そのため、還付されません。

徴収なんておかしい!と思いたくなる気持ちはわかりますが、

本来の所得税が5万2,000円で、

5万4,000円源泉徴収されたら2,000円還付

5万円源泉徴収されたら2,000円徴収

というのが、年末調整の手続きです。


決して、損をしているわけでも得をしているわけでもありません。
(こういうのを朝三暮四というのでしょうね・・・)


還付されたからといって、お小遣いにして使ってしまうのはどうなんだろう?と個人的には思うところです。


=======

2015年年末調整特集

2015年(平成27年)分の年末調整に関する記事をまとめました。