この記事は、書庫のある家.comの「年末調整の「還付」のタイミングと、「不足」して徴収されるときの理由」に移転しました。

還付金が少ないのには、理由がある!

えっ!? ウソっ

この記事は、

年末調整をして源泉徴収票がきたけど、全然税金が返ってこないよ~、なんかの間違いじゃない?!

という方のために書きました。

そもそも年末調整って何やってるんだ?ということを知ることで、その理由がわかりますので、あわせてご説明します。

理由1:所得税がそんなに天引きされてない!(住宅ローン控除編)

会社は、毎月の給料やボーナスから所得税を天引きしています。

しかしこれは、機械的に「これくらいだろう」という表を使って天引きしているため、最終的には多かったり少なかったりします。

そこで、年末調整によってこれを精算します。

会社が確定申告をしてくれるわけですね。


つまり、

毎月天引きされた所得税が12万円で

1年分の年収をもとに計算した所得税が11万9,000円なら

12万円-11万9,000円=1,000円が取られすぎなので、

1,000円返ってくるというわけですね。


また、生命保険料控除、地震保険料控除、住宅ローン控除(2年目以降)などは毎月の天引きの計算の時には反映されていないので、これも一緒に計算に反映します。

さて、住宅ローン控除を今回したとします。

年末残高が2,000万円なので、1%の20万円が還付されるはずです。

でも、還付されたのは「12万円」

・・・あれ? 8万円はどこ行ったの?
スポンサーリンク


これも

毎月天引きされた所得税が12万円で

住宅ローン控除をした後の正しく計算された所得税が0円なら

12万円-0円=12万円が取られすぎなので、

12万円返ってくるというわけですね。


つまり、自分が払った所得税の分しか年末調整では返ってこないのです。


でも、安心してください。

8万円は住民税の方で引くことができるので、今年の6月以降に払う住民税が12回に分けてですが、住宅ローン控除の分だけ少なくなってます(限度はありますが)。 

【結論】
残念ながら計算結果は正しいので、どうしようもありません。

確定申告をしても結果は同じです。

理由2:そもそも所得税が全然天引きされていない!(休職編)

また、同じようにバリバリ働いていた女性の方でも、産休・育児休業によって、平成27年中はほとんど給料をもらっていなかったらどうでしょうか?

27年2月まで働いていたときの天引きされた税金が1万円です。

再度正しく計算された税金は0円(おそらく年収103万円以下でしょう)なら

1万円-0円=1万円
が返ってきます。


平成26年の時と同じように、住宅ローン控除(2年目)の書類を出した方は、

「あれ? 26年の時は住宅ローン控除でいっぱい返ってきたのに、なんで今年は1万円しか返ってこないんだろう? 会社が間違えたのかな?」

という疑問を持つことになるかと思います。 

それは、所得税が1万円しか天引きされていないからなのです。

また、住民税もこの場合は0円でしょうから、住宅ローン控除は全くできません。


私の妻も休職した年がありました。

夫婦連帯債務で住宅ローンを組んでいて、妻の方でも約10万円の住宅ローン控除ができた(当時)のですが、残念ながら所得税も住民税も0円で、できませんでした。

夫婦連帯債務で住宅ローン控除を有効活用する時の落とし穴ですね。ちなみに、その翌年からはちゃんと夫婦で住宅ローン控除のメリットをとっています。

【結論】
残念ながら計算結果は正しいので、どうしようもありません。

確定申告をしても結果は同じです。

理由3:会社の天引きが最初から少なかった!

これも良くありますが、機械的に「これくらいだろう」という表を使って天引きしているため、それを間違えて天引きが少ない場合があります。

例えば、毎月天引きされた税金が8万円で

再度正しく計算された税金が11万円なら

8万円-11万円=▲3万円と3万円足りないため、

ごめん、足らなかったから3万円もらうねとなるわけですね。

返ってくるどころか取られてしまうのですが、もともと取る分が少なかったわけです。

【結論】
損をしたように感じますがどうしようもありません。

確定申告をしても結果は同じです。

理由4:会社の計算が間違っている!

はい、これもよくありますね。

特に
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 寡婦控除
  • 寡夫控除
  • 住宅ローン控除
なんかは間違っていることが多いので、正しく計算されているかはチェックしてください。

ただ、理由1~3は確認しなくても正しい計算結果だからいいのですが、理由4は計算結果自体が間違っています。

自分で確認しないと誰も間違っていると教えてくれないままので、注意です。

チェックポイントは、次の記事で徹底解説しています。

関連記事 徹底解説!源泉徴収票(27年分)の見方と損しないための12のチェックポイント

【結論】
間違ってます!

会社に文句を言いってどうにかしてもらうか、確定申告をして取り戻しましょう。

関連記事 配偶者控除を年末調整で忘れた人が確定申告で5万円取り返すための方法