質問:趣味の格闘技でお金を稼ぎたいです。無理ですか?

合気道
彼の趣味は「格闘技」です。

大学時代の同級生で、大学卒業後、少し勤め人をやってましたが、やっぱり好きなことがやりたいと、会社を辞め、自営業で現在に至ります。

大学時代、研究室で暇なときに、彼の新しい技の実験台になっていたのを今でも覚えています(笑)


ところで、好きなことが格闘技だとして、お金を稼ぐことができるのでしょうか。

総合格闘技とかで優勝すれば賞金が出そうな気もしますが、そんなマッチョな世界で活躍する人は一握りでしょう。


でも、彼は、その趣味を利用して、とても自然にお金を稼いで生活をしています。

スポンサーリンク


ただなんとなく好きなことをやってもお金は稼げない。

灰色の日常

寝転んでいるだけ(本当の本当に何もしないで)でお金が稼げる数少ない人を除いて、人間は、何かしら行動することで、お金を稼いでいます。


しかし、「好きなことをして」お金を稼いでいないので、

朝5時に起きて、

満員電車に揺られて、

上司に怒られて、

お客様に頭を下げて、

昼食は30分で食べて、

クレームの電話に対応して、

予想外のトラブルが起きて、

残業代が出ないのに残業をして、

今日も疲れて家に帰り、

ため息をついているかもしれません。


・・・だから、

好きな時間に起きて、

満員電車を遠目に散歩をして、

怒る上司は誰もいなくて、

頭を下げる必要もなく、

昼食はカフェでのんびりとって、

電話は新しいビジネスの話で、

ゆっくりとした時間が流れて、

残業ってなんだっけ?(忘れた)

今日も1日、いい日だったなと、

思う生活に、あこがれるかもしれません。


実際のところ、インターネットが発達したおかげで、昔に比べると、そういう生活ができやすくなってきたのですが、なぜそういう生活ができる人がいるのか、わからない、という方も多いことでしょう。

好きなことをしてお金を稼ごう!と言われても、好きなことをやっているのにお金は入ってくるどころか、好きなことをやるために、どんどんお金が出ていっているのではないでしょうか。

回答:「お金を払う人のニーズ」に徹底的にこたえてください。

これや!私がほしかったん、これや!
彼は、趣味の格闘技でお金を稼いでいます。

その方法を具体的に伝えると、彼から営業妨害だと怒られるので、格闘技を「利用」してお金を稼いでいるとしか言えないのですが、一言でいえば、彼は、「お金を払う人のニーズに徹底的にこたえている」のです。

今回、1番大事なものは、これだけでしょう。


彼は、Facebookの使い方が非常に上手で、どんどん口コミでお客様を集めているのですが、それは彼がお金を稼ぐためのテクニックの1つにしかすぎず、その本質は、やはり「お金を払う人のニーズに徹底的にこたえている」かどうかだと、私は考えています。

ブログも独特の語り口調で人気を集めているようですが、これも別にテクニックでしかありません。

彼は、お金を払う人のニーズ(もうくどいですね!)が何かを掘り下げて、それをどうやって提供するかを考えた結果、格闘技でお金を稼ぐことに成功しています。


それをするまでは、月収9万円(ええ~っ、と聞いたときは冗談だと思いましたが、本当でした)で働いていた時期もあったそうですが、今は、奥さんと子どもと一緒に過ごしながら、自由な時間を送っています(なにしろ、Facebookでどんどんその様子が写真で送られてくるので)。

先ほど、

好きな時間に起きて、
満員電車を遠目に散歩をして、
怒る上司は誰もいなくて、
頭を下げる必要もなく、
昼食はいきつけのカフェでのんびりとって、
電話は新しいビジネスの話で、
ゆっくりとした時間が流れて、
残業ってなんだっけ?ともう忘れてしまった中で、
今日も1日、いい日だったなと、思う生活に、
あこがれるかもしれません。

と書きましたが、彼の生活は、まさにこの通りの生活をしています。

「自分が満足するため」に好きなことをしているだけでは?

誰のために描いてるの?
なぜ自分が好きなことをしているのにお金がついてこないのか、不思議な人は、自分好きなことをした結果、単に「自分が満足」しているのではないでしょうか。


もちろん、自分が満足すること自体が悪いことではありません。


しかし、好きなことをした結果、100%自分が満足するだけで、誰にも影響がなければ、お金がそこから入ってくるでしょうか?

なぜ入ってくるのか、私は説明ができません。


一方、自分が好きなことをした結果、お金を払う人のニーズを徹底的に満たしたとしたら、そのお礼に、お金がそこから入ってくることは、子どもでも説明ができるでしょう。


ちなみに、好きなことをやっていたらお金がついてきた、という方がときどきいますが、そういう人は、「好きなこと」と「世の中のニーズ」がたまたまぴったりマッチしていたケースなので、あんまり、気にしない方がいいですね。


彼の場合は、自分の好きなことに対する情熱は、誰にも負けないのですが、世の中のニーズにどう合わせたらいいのかよくわからないところ(月収9万円)からはじめて、少しずつ失敗を繰り返して今の形(月収はヒミツ)になっているので、非常に勉強になります。


お金がない人ほど、お金のことばかり考えている。

あれもこれもお金に見えてくる
彼の場合は、あんまりお金のことを考えていません。

お金のことを考えていないのに、しっかりお金を稼いでいるなんて、面白いですね。


じゃあ、何を考えているかといえば、自分が好きなことで世の中に何ができるのかを、常に考えています。


なんでそんなことが分かるかといえば、彼のブログを読んでいると、そんなことばかり書いてあります。


お金がないない、と言っている人ほど、「自分」のことを考えています。


でも、自分が好きなことをやって自己満足しているときと同じで、どんなに自分を満たしても、どんなに自分のことを考えても、お金は外からやってきません。


なぜなら、お金を払ってくれる人は、自分ではないからです。


相手のことを見ないで、私は好きなことやってますよ~、なんてやっていても、お金は入ってきません。


「私は好きなことやって人生を楽しんでますよ~」と見せるだけで、お金がちゃんと入っている人もいますが、ちゃんと、お金を払っている人のニーズを徹底的に満たしているから入っているのです。


大体そういう時、お金を払っている人は、その人に、あこがれている人たちですね!(めちゃくちゃ引き寄せられてますね!)


そこを勘違いすると、いつまで経っても人生は変わりません。

お金を稼ぐことは汚いと思っている人ほど、相手に与えていない。

贈り物
彼は、常にお金を払ってくれる人のことを考えています。

それは決して、お金をだまして奪ってやろう、なんてことではなくて、自分がもっている知識や経験などを使って、その人たちに一体どんな貢献ができるかを考えています。


最近も、私から見たら怪しいタイトル(!)のDVDを作ってブログやSNSでお知らせしたら、すごいバカ売れしているみたいです。

インターネットを有効活用していますね。

彼に興味があるけど、遠方で直接会えない人や、時間の都合でセミナーに参加したいけど参加できない人のことを考えて、彼が出演するDVDを自作したみたいです。


どうです?

「怪しいDVDを売ってお金を稼いで汚い!」と思いますか?


たぶん、違いますよね。


彼のファンを喜ばせているだけのように見えます。

そして、その人たちは、喜んでお金を払っています。

私は、彼が徹底的にニーズにこたえた結果、お金を受け取って当然だと思って「よく考えるな~」といつもブログやFacebookを見ています。


逆に、相手に与えることをしないでいるのに、「お金を稼ぐなんて汚い」と言っているようでは、いつまでたってもお金と縁はないでしょう。

ちょっと待って!与えているのにお金が入ってきません!

空振り三振
うん。そうですね。

「与えているつもりになって何も与えていない」パターン
も多いので、ご注意ください。

これ、結構やりがちです。


徹底的に与えているのに、お金が入ってこないんです、という方は、豪快なスイングで空振り三振しているだけです。


極端なことを言えば、私、こんなにポケベルを愛していて、ポケベルのことだったらどれだけでも語れます!と言われても、もう、ポケベルの時代は終わったので、ちょっと・・・みたいな感じです。

(どう考えても、ポケベルよりポケモンGOの方がニーズありますよね!)


この記事のタイトルに書いたように、そして何度も何度も書いているように、そこに「お金を払う人」がいなければ、お金を払う人のニーズを満たすことは不可能ということです。

まとめ:お金を払う人のニーズを満たせ!

釣り堀
誤解していただくと困るのは、「楽(らく)して好きなこと」をしている人は、たぶん、1人もいないと思います。

「楽しく好きなこと」をしている人たちばかりですが、苦労も多いでしょう。

・・・多いですが、楽しいことをしているので、少なくとも、自分が嫌いなことをやり続けて苦しいのとは比べ物にならないくらい、「よし、やったるぜ~」という状態です。


以上、今回は、私の大学時代の友人を見て、私が思ったことを書きました。

あと13人くらい、「お金を払う人のニーズに徹底的にこたえている」ために、好きなことをしてお金を稼いでいる人をリアルとネット上で、私は知っているので、そんなにずれた話でもないと思います。


この後に、怪しいDVDの紹介でもしたいところですが、今日はやめておきましょう。

この記事を読んで何を思いましたか?

あなたの感想をお待ちしています。質問や相談でも結構です。

コメント欄やメッセージ(メッセージはメールアドレスをお忘れずに!)にお寄せ下さい。必ず読んで、返信させていただきます。

neronaより