税金を払ってANAのマイルを貯めよう!

電子マネーnanacoへのクレジットカードチャージでポイントを貯める方法をご紹介していますが、次のようなご質問をいただきました。
neronaさん、こんにちは!

早速ですが、nanacoチャージでANAのマイルを貯めることはできるのでしょうか?

ANAカードでは、JCBブランドでもポイントは付与されないという情報ばかりですが、本当ですか?
ANAカードは残念ながらnanacoチャージでANAマイルが貯まるものはありませんね。

しかし、nanacoチャージできるカードの中には、ポイントをANAマイルに交換できるものもありますので、そこからマイルが貯められるものをご紹介しましょう。
  スポンサーリンク


【その1】 楽天カードJCBで貯める

まずは楽天カードです。

JCBブランドであれば、nanacoチャージで還元率1%が貯まります。

そして、貯まった楽天スーパーポイントをANAマイルに交換します。
ANA

「ANAお客様番号・氏名」を入力して、交換するポイント数を入力します。
楽天からANAに交換


【楽天PointClub】:ポイントが便利に交換できる


交換比率は、楽天スーパーポイント2ポイントに対して1マイルですので、実質的に、還元率は0.5%になります。

※交換は楽天スーパーポイント50ポイント(2ポイント単位)から可能です。

ただ、航空券などに利用すれば、還元率はアップするので、飛行機によく乗る方は、わざと還元率0.5%にしてでもANAマイルにする価値はありそうですね。


ちなみに、「楽天ANAマイレージカード」といういかにもANAマイルが貯まりそうなカードがあります。

JCBブランドなら、やはりnanacoチャージでポイントが貯まります。

しかし、楽天スーパーポイントではなく直接ANAマイルを貯めることができるだけで、還元率は0.5%です。
楽天ANAカード

そのため、特にこのカードを利用するからといって、ANAマイルが貯まりやすいかといわれると、あんまり変わらないところです。

【その2】 Yahoo! JAPANカードJCBで貯める。

同じくYahoo! JAPANカードでも、JCBブランドならnanacoチャージで還元率1%のTポイントが貯まります。

そして、Tポイント500ポイントを250マイルに交換することができます。やはり実質的に還元率0.5%となります。
TポイントからANA

Tサイト[Tポイント/Tカード]

※500ポイント以上、500ポイント単位の交換となります。


楽天カードとYahoo!JAPANカードを見ると、交換比率は同じなのですが、明らかに楽天カードの方が交換のハードルが低いですね。

【楽天カード】
楽天スーパーポイント
50ポイント以上、2ポイント単位

【Yahoo! JAPANカード】
Tポイント
500ポイント以上、500ポイント単位


その他のカードは?

その他にもセブンカード・プラスやファミマTカードなどがあるのですが、実質還元率は0.25%なので、楽天カードやYahoo! JAPANカードに比べると、還元率が下がってしまいますね。


また、リクルートカードについては、ANAマイルではなく「JALマイル」への交換となっているので、ANAマイルを貯めたい方には向いていません。

まとめ

というわけで、総合的に見て、もし、nanacoチャージでANAマイルを貯めたい方は、楽天カードJCBがおススメす。

【今なら通常2000円分のポイントが期間限定キャンペーン中】


⇒ 楽天カードの申込みはこちら(現在キャンペーン実施中)


また、Tポイントが貯まるお店をよく利用する方は、Yahoo!JAPANカードJCBを利用するのもよいでしょう。

【期間限定キャンペーン中】



⇒ Yahoo! JAPANカードの申込みはこちら(現在キャンペーン実施中)