この記事は、書庫のある家.comの「年間10万円以下でも医療費控除ができる共働き世帯の裏ワザ」に移転しました。

ちょっと奥さん! 医療費の領収書、もう捨てていませんか?

例えば、15万円を支払っていれば、15万円-10万円=5万円を医療費控除として控除することができます。

これは、家族で合計することができますので、夫と妻と子どもの分を全部合わせて10万円を超えるといいのですが、9万円だと、10万円以下なので対象とならない・・・というのが常識です。

だから、10万円もいかないから、医療費控除も無理だよね、と思って、早々に捨ててしまうかもしれませんね。

しかし、実は、10万円以下でも医療費控除ができる場合があります。

スポンサーリンク



その裏技というのは医療費控除のもう1つの基準である「その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額」 というものを使いましょう、ということです。


ざっくり言えば、所得金額×5%ということですね。
a0006_001790

給料だけをもらっている人ですと、年収ベースで「310万円」以下だと検討の余地があります。

年収310万円
所得199万円×5%=99,500円

年収250万円
所得157万円×5%=78,500円

年収200万円
所得122万円×5%=61,000円

年収150万円
所得85万円×5%=42,500円



年収103万円以下の方は、所得税(年収100万円前後以下は個人住民税)がかからない世界なので、検討から外しておきます。


・・・いかがでしょうか。


年の途中で仕事を辞めてしまって収入が少なくなったりすると、該当するかもしれませんね。



「いやいや、neronaさん、医療費控除にそういう特例があるのは知ってますよ」

「でも、僕は普通に働いてるし、年収450万円で年収310万円以上じゃないから、残念だけど関係ないですよ」

「今年は医療費が9万円だけど、あとちょっとだったなぁ」

90,000円<100,000円
⇒医療費控除×


まあ、確かにそうかもしれませんね。


ところで、「奥様」の年収はいくらですか?


「え? 妻は時短勤務で今年は年収200万円くらいになると思うけど」



ほら、いるじゃないですか。


あなたの隣に年収310万円以下の人が



思い出してください。

年収200万円
所得122万円×5%=61,000円

90,000円-61,000円=29,000円が医療費控除の対象になりますよ。


「え? 僕の分も『妻』で医療費控除をするの?」


「家族の分も含めて『医療費を実際に支払った人』が医療費控除をする」ことができます。


決して、年収が高い人がやらないといけない、とは言ってません。


年収310万円以下の奥様が医療費を支払ったのであれば、年間10万円以下だとしても、奥様が医療費控除をすることができるわけです。


【医療費が10万円以下】
家族のうち、年収の低い人


(理由)
医療費が10万円以下でも医療費控除ができる可能性があるから。


共働きの場合は、意外と該当しませんか?

特に、奥様がフルタイムで働いていて、出産・育休で収入がぐっと減るとき、年収が310万円以下になって、かつ、医療費が10万円以下になる場合がよくあります。

ただし、保育料などのように、他に影響が出てやらなきゃよかったという場合もあるのでご注意ください。このあたり、事前に落とし穴がないか個別に確認する必要があります。


次のページへ 子どもが産まれたら夫婦どちらの扶養にすると節税になるのか?(16歳未満の年少扶養控除)