この記事では、会社で配られた年末調整の書類のうち、「平成28年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」について、誰でも簡単に書けるように徹底的に記入例を入れたり図解しています。

スポンサーリンク




まず、必ず、タイトルが「平成28年分」と来年の分になっていることを確認してください。

1.『勤め先』の基本情報

1番左上から行きます。
マルフ01
「所轄税務署長等」欄

(1)「    税務署長」
ここには、あなたの『勤め先』の所在地(住所)を担当(=所轄(しょかつ))している税務署長名を書きます。

ただし、印字されていればそのままにしておいて、空欄なら空欄のままでOKです。

『あなた』の住んでいる地域を所轄する税務署長名を書くのは誤りです。

なぜなら、この書類は、建前としては「勤め先の所轄税務署長」に提出する書類だから、その名前を書くのです。しかし、実際には、「扶養控除等申告書は『税務署』に提出されるの?」の記事の通り、出さないんですけどね。


(2)「    市区町村長」
『あなた』の住んでいる市区町村長名を書いてください。空欄のままでもOKです。

こっちはなぜ書いているかと言えば、この書類が「住民税」の計算のための資料でもあるからです。

個人住民税は「あなたの住んでいる市区町村」が計算をするので、建前上、この書類は市区町村長にも提出する必要があります。しかし、やはり実際には出さないので、書いても書かなくても影響はありません。


続けて、そのお隣です。
マルフ01
(3)「給与の支払者の名称(氏名)」
会社なら会社名、個人事業者なら屋号やその個人の氏名を書きます。

(4)「給与の支払者の法人(個人)番号」
ここは、書いてはいけません。勤め先が書く欄です。

(5)「給与の支払者の所在地(住所)」
会社の場合、本社とか支社とか営業所とかいろいろあると、どこの住所を書けばいいか迷いますが、基本的には「本社の住所」を書くべきです。

ここもまた、よくわからなければ空欄でもいいですし、勤め先が最初から印字している場合も多いです。

繰り返しになりますが、(1)~(5)は、間違っていてもあなたに直接影響はありません。わからなかったり、自信がなければ空欄で結構です。

2.『あなた』の基本情報

そのまま右に移ります。
マルフ02

(6)あなたの名前
「フリガナ」とあるので、「カタカナ」で書いてくださいね。

代理で他の人が名前を書いていいですか?という質問もあるかと思いますが、本人が書くようにしましょう。

(7)(印)
一般的には、シャチハタではないハンコ(印鑑)を押します。

これまた、本人がこの書類を書いたという証明のためにハンコを押しますので、シャチハタは避けた方が無難です。

ちなみに、よくある誤りが、1番右上のところにも押しちゃったパターンですね。
マルフ03
よく見てくださいよ。「給与の支払者受付印」ってありますよね。

「田中さん、あなた、いつから給料をもらう立場から『支払う方』になったの」って、ちょっとカッコ悪いですよね、この記事を読んだ方は、絶対にここにハンコを押さないように注意しましょう!

・・・あ、別にハンコを押しても無効になったりしませんので、もう押しちゃったら気にせず出しておいてください。

(8)あなたの個人番号(マイナンバー)
勤め先の指示に従ってください。 

マイナンバーと平成28年分の扶養控除等申告書」の記事にも書きましたが、おそらく「まだ書かないで下さい」って指示を出しているところが多いと思います。

(9)あなたの住所又は居所
平成28年1月1日現在の住所を書きます。

しかし、この住所がくせもので、2種類ある人もいるでしょう。

まだ住民票を移していないとか、年末に引越しをする予定だとか、単身赴任などで異なる場合です。
  1. 住民票のある住所
  2. 実際に住んでいる住所
どっちを書くのが正解でしょうか?

原則として、「実際に住んでいる住所」です。

あなたが平成28年1月1日時点でどこに実際に住んでいるかを考えて書いて下さい。

これは個人住民税に影響があります。

もし、「住民票のある住所」の市区町村と「実際に住んでいる住所」の市区町村が同時にあなたに個人住民税を課税しようとしたら、「実際に住んでいる住所」の市区町村の方が優先されるルールになってます。

ただ、会社によっては「住民票のある住所」を書くように言っているところもあります。

住民票のある住所=実際に住んでいる住所にしておくのがベストですが、できない場合は、勤め先と相談してみても良いでしょう(単身赴任の方とか)。


最後のこのブロックの右上ですが、
マルフ04
(10)「配偶者の有無」
配偶者控除を受けられるかどうかは関係なく、配偶者がいれば「有」に「〇」をつけて、いなければ「無」に「〇」をつけます。

独身の方には、毎年「無」に〇をつけるのがさみしい・・・と言われる箇所で、あえて「〇」をつけたくないという方もいます(まあそれもありでしょう)。

(11)「従たる給与についての扶養控除等申告書の提出」
基本的に、この欄は使いませんので、「×」をつけましたが、「×」と書く必要はありません。空欄のままでOKです。

もし、あなたが「2か所」で働いていて、メインの勤め先とサブの勤め先があったとします。

メインの勤め先で扶養控除などの所得控除が控除しきれない場合には、サブの勤め先でも次の書類を出すことで配偶者控除や扶養控除ができます。この書類を出したときに「〇」をつけます。
マルジュウ

ただ、2か所で働いているとしても、なかなかこの手続きをする方は少なくて、たいていは、確定申告してます。

というわけで、基本的には使わない欄だと思います。

3.控除対象配偶者と控除対象扶養親族

スマホでも見えるようにしたいので、タテに画像を切り取ってます。
マルフ05

(12)控除対象配偶者
「配偶者控除」または「配偶者特別控除」の対象になる配偶者のことだけ書きます(「「配偶者控除」で損をしないためのチェックポイント」もあわせてお読みください)。

したがって、夫婦共働き、お互いに正社員で、明らかに配偶者(特別)控除が使えない場合には、配偶者のことを書く必要はありません(もちろん、書いてもダメというわけではありません)。

ただ、「共働きでも産休・育児休業中は配偶者控除を要チェック」の記事に書いたように、今まで共働きだから書いていなかった場合、実は使えるのに書き忘れることもあるので、注意しましょう(27年分と28年分を間違えないように注意してください)。


仮に使える方がいる場合には、右の方に進んでください。配偶者が「昭和22年1月1日以前」の生まれの場合、「老人控除対象配偶者」という区分になります。
マルフ06
これは、配偶者の年齢が70歳以上の場合、配偶者控除が38万円から48万円にアップしますので、「〇」を書きます。


また、住所は同居しているなら「同上」、つまりあなた自身と同じ住所ということが分かるように書いておけばOKです。
マルフ07
1番間違えやすいのは、「平成28年中の所得の見積額」です。あくまで見込みなので、「配偶者控除で年収103万円超でないことを証明する方法は?」の記事に書いたように、何か書類を出して証明する必要もありません。

収入から必要経費を差し引いた金額を書くのですが、パートなど給与の場合は、収入から65万円を引いた金額(マイナスなら0円)を書いておいてください。

例えば、

年収129万円見込み⇒所得64万円
年収103万円見込み⇒所得38万円
年収70万円見込み⇒所得5万円
年収40万円見込み⇒所得0円 

と、65万円を引いた金額となります。

関連記事
「103万円の壁」を気にし過ぎて失敗した話

なぜバレた? 黙っていたパート収入120万円で夫が呼び出された理由


なお、今回から「非居住者である親族」という欄が設けられたので、配偶者が日本にいない場合には、ここに「〇」をつけます。

(13)控除対象扶養親族
マルフ05
扶養親族は3パターンにわかれます。

【パターン1】
70歳以上の人を扶養している場合(老人扶養親族)

昭和22年1月1日以前に生まれた人(70歳以上)が該当します。

(1)同居老親等
自分または配偶者の親・祖父母で、かつ、同居している場合は、「同居老親等」に「〇」をつけてください。ここだけ同居しているかが重要になってきます。ふつうの38万円ではなく「58万円」の控除になります。
マルフ08
「同居」については、病気の治療のために入院していて別居している場合は、その期間が結果として1年以上の長期になっても同居とみてくれます。しかし、老人ホームなどへ入所している場合は、同居しているとはいえません。

(2)同居老親等以外
扶養している人が親・祖父母以外だったあり、親・祖父母であっても別居の場合は「その他」に「〇」をつけます。ふつうの38万円ではなく「48万円」の控除になります。
マルフ09
別居していても仕送りをしているような場合には、親を扶養親族にできる場合があります(親の年金収入が158万円以下の場合など)。


【パターン2】
19歳以上23歳未満の人を扶養している場合(特定扶養親族)

正確には、平成6年1月2日〜平成10年1月1日生まれの人が該当しますので、その場合には、「〇」をつけます。
 マルフ10

ちょうど大学生にあたる年齢のため、控除もふつうの38万円ではなく「63万円」と手厚くなっています。

ただし、扶養親族になるためには、アルバイトなどで年103万円を超えないように注意しましょう。親が知らないうちにがんばってしまっている可能性もあります。


【パターン3】
パターン1・2に該当しない16歳以上の人を扶養している場合(一般の控除対象扶養親族)

「38万円」の控除となります。

正確には平成13年1月1日以前生まれです。


その他は、配偶者控除と同じです。

「平成28年中の所得の見積額」は、注意してくださいね。


なお、0歳~16歳未満の場合は、後で出てきますので、もう少しお待ちください。

4.障害者、寡婦・寡夫、勤労学生

(14)障害者
『あなた』自身になんらかの障がいがある場合には、「本人」欄に「〇」をしてください。

例えば、障がいの程度が重度までいかない場合は、「一般の障害者」となります。
マルフ11
配偶者控除の対象となる『配偶者』になんらかの障がいがある場合には、「控除対象配偶者」欄に「〇」をしてください。

例えば、同居していて障がいの程度も重度の場合には、「同居特別障害者」となります。
マルフ12
扶養控除の対象となる『自分の親・祖父母、子・孫』などになんらかの障がいがある場合には、「扶養親族」欄に「〇」をしてください。このとき、人数も書きましょう。
マルフ13
関連記事
療育手帳で障害者控除を受けるための扶養控除等申告書の書き方


(15)寡婦・寡夫
この2つについては、かなりマイナーな控除で、使えるのに使っていない場合も多いため、別の記事で詳細を書かせていただきました。

関連記事
シングルマザー(母子家庭)が忘れがちな寡婦控除

シングルファザー(父子家庭)が忘れがちな寡夫控除


結論としては、「〇」をつけるだけですが、条件がややこしいので記事をご確認ください。
マルフ14

(16)勤労学生
勤労学生は、「小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、大学の学生、国や地方公共団体、学校法人などが設立した専修学校、各種学校、または職業訓練学校のうち一定の要件を満たす学校の学生」を対象とした制度です。学校の証明書を提出する必要があります。

多くの場合は、大学生本人がアルバイトをしている場合でしょうか。

ざっくり言うと、1年間のアルバイト代が130万円以下が条件です。

給与所得控除65万円、「勤労学生控除38万円」、さらに誰でも使える基礎控除38万円が差し引けるので、所得税は0円になります。
 
しかし、これで誤解があるのが、先ほどご説明した「扶養控除」との関係です。

自分の子どもが大学生でアルバイトをしていて、年収130万円以下であっても、勤労所得控除があるから扶養親族にもなれそうな気がしますが、判定上は、130万円-65万円=所得65万円となり、扶養親族の条件である所得38万円を超えてしまうため、使えません。

単に所得税が大学生本人にかからないだけです。

なお、学生といっても、年齢制限はないので、退職して失業手当を受けている中高年の方で、職業訓練を受けていれば、この制度の適用を受けられる場合もあるので、ご確認ください。

したがって、アルバイトをするにしても年収103万円以下におさえるのが無難と言えます。


5.他の所得者が控除を受ける扶養親族等

マルフ21
夫婦共働きで16歳以上の扶養親族がいた場合、あなたの扶養にするか、妻(または夫)の扶養にするか、というときに、あなた以外の扶養にするときに書いてね、ってところなんですが、書く必要はありません。

これを書いて提出している人を見たことがありません。さらに、この欄の情報を入力する年末調整の計算ソフトもあんまり見たことがありません。

というわけで、「書かなくてよし」です。

6.16歳未満の扶養親族

これで最後です。
マルフ22
平成13年1月2日以後に生まれた親族(一般的には自分の子ども)がいる場合には、ここに記入します。

ここは、「住民税に関する事項」とあるように、所得税ではなく、「住民税」の計算のために書きます。

子どもは誰の扶養にすると節税?(16歳未満の年少扶養控除)」でも書きましたが、住民税が非課税になる可能性もあるため、ちゃんと書きましょう。
 

=======


2015年(平成27年)分の年末調整に関する記事をまとめています。

2015年年末調整特集

勤め先に提出するに、要チェックです!