書庫のある家@i-cube

一条工務店で注文住宅を建てて4年目です。4500万円の住宅ローンを返済するため、家計管理・節約を工夫し、年末調整・確定申告、クレジットカード活用術などお金を中心とした役立つ情報をご紹介しています。

カテゴリ:【家づくり 資金編】 > 住宅ローンの借り方

この記事は、書庫のある家.comの「住宅ローンで買っているのは何?私は子どもと過ごす時間を買いました。」に移転しました。我が家の資金計画を書いていましたが、閑話休題ですあんまりお金のことを書くと皆さんからひんしゅくを買わないかとドキドキしながら書いています ...

この記事は、書庫のある家.comの「変動金利しか選べない人は、住宅ローンを借りてはいけない!」に移転しました。【住宅ローンの非常識No.4 固定と変動どっちがオトク?】比較せざるを得ないのが固定金利と変動金利ですが、金利がどうなるかわからない以上、どっちが得に ...

この記事は、書庫のある家.comの「その住民票の写し、マイナンバーは本当に必要?住宅ローン控除なら書いてはダメ!」に移転しました。 マイナンバー(個人番号)が書かれていると、お金と時間がムダになる簡易書留で昨年10月から12月に来た「通知カード」は、お手元 ...

この記事は、書庫のある家.comの「住民票の写しと登記事項証明書には有効期限がありますか?」に移転しました。例えば、住宅ローン控除では、住民票の写しや不動産の登記事項証明書(かつての登記簿謄本)が必要となります。どうせとるならまとめて複数枚とっておこう、と ...

信用情報を本人が開示してもカードやローンの審査には影響なし信用情報というのは、クレジットカードやローンなどの支払がちゃんと行われているのかという記録です。主に次の3つの信用情報機関でクレジットカード会社や銀行、ローン会社がその人の信用情報を確認することが ...

CICの信用情報開示報告書は「3つ」で1セット住宅ローンやクレジットカードの審査が通らなかった場合には、クレジットカードの支払いを滞納していたり、スマートフォンの割賦代金を含めた携帯電話料金を払っていなかったのが原因という可能性もあります。そこで、「自分の信 ...

自分の信用情報が管理されてる3つの機関信用情報というのは、クレジットカードやローンなどの支払がちゃんと行われているのかという記録です。一条工務店ブロガーとしておなじみのさすけさんの「住宅ローン審査は大丈夫?信用情報を取り寄せて自分でチェック!\(^o^)/」と ...

不安なのは、いくらかかるか数字で見ていないから?年収600万円で本当に住宅ローンを3,000万円も借りていいのか、不安な方も多いですよね。これは、3,000万円借りられるかどうかではなくて、「実際に3,000万円を返済できるのか」という不安です。この記事 ...

住宅ローンを変動金利で支払っている方にとっては、今後の金利上昇は気になるところではないでしょうか(と言いながら上がらないですが・・・)。しかし、変動金利でも、固定金利でも、住宅ローンで最大のリスクではないかと思っているのは、「収入の一極集中」です。 ...

●「共働き時代」だから確認したい「収入合算」我が家は、夫婦共働きのときに住宅ローンを組んでマイホームを建てました周囲の30歳前後の人たちを見ていると、共働き率が割と高いように感じます。(婚活に疲れている人たちもいますがそれはさておき)なかなか給料が上がらな ...

タイトルで記事を読もうと思った方。すみません。今回の記事はあなたの期待を裏切ってしまうと思います。世の中には、「建ててはいけない家」があります不思議なことに、この家は、どのハウスメーカーや工務店や建築家のもとで建てるかは、まったく関係ありませんタイトルの ...

昨日の記事「頭金をいくらにするかよりも、もっともっと大切なこと」でいろいろと書きましたが、もう1つ頭金の話を書きたいと思います。それは、頭金を貯めても金利上昇によって吹っ飛ぶ可能性があるということです。 ...

変動金利か固定金利かは永遠のテーマですが、タイトルの通り比較できれば便利ですよね我が家はフラット35で全期間固定金利を選択しています。固定金利には、金利が上昇しても「変わらない安心」があるかもしれませんが、上昇しなくても「変わらない負担」もあります本当に ...

いつも興味深く読んでいるブログ(家づくりコンサルタントの雑記帳)で、「住宅金融支援機構がライフプランニングの普及促進 」という記事がありました。紹介されているサイトは私もシミュレーションをしたことがあります ...

↑このページのトップヘ