今回も相続のお話です。 注文住宅を建てようと土地を探していたときに、兄弟姉妹で共有している土地に出会いました。

残念ながらその土地を買うことはなかったのですが、相続の結果、土地を兄弟姉妹で共有する場合は結構あります。税理士さんも「とりあえず申告期限がせまっていますので」と共有にすることをすすめてきます。

しかしそれは、最善の選択でしょうか?

スポンサーリンク



父親が先に亡くなって、母親が土地を相続し、さらにその母親が亡くなって、その土地を兄弟姉妹で相続するような場合の話です。


第1次相続:父親⇒母親

第2次相続:母親⇒子(兄弟姉妹)



おそらく、母親は、その土地を誰に残すのか決めていなかったのでしょう。

兄弟姉妹の話し合いの結果、誰がもらう、と決めることもできず、土地を共有することはよくあります。

むかしむかしは、長男が相続するという家督相続(かとくそうぞく)の時代がありましたが、現代は平等相続の時代ですので、長男だろうが末っ子だろうが関係はありません。

例えば、3人の兄弟姉妹が1つの土地を共有したとしましょう。
sa1370_000175

持分は、1/3ずつですね。


平等ですから、最善のように思えます。


しかし、その後、兄弟姉妹の仲が悪くなって、Aさんは「売ろう」と主張し、Bさんは「売るのは嫌だ」と言ってきたら、どうでしょうか。

売ろうと思ったらBさんが反対して、なかなか売ることができません。


あるいは、Cさんは事故で亡くなって、Cさんの家族が相続したら、どうなるでしょうか。

Cさんの配偶者や子供と土地について上手く話をすることができますか?


売ろうとしたり、次の相続が起こったりするときに、だんだん、収拾がつかなくなるのが、共有の怖いところです。


共有は、「平等」かもしれませんが、要するに、「問題解決の先延ばし」です。

何も決まっていないのです。


税理士さんの中には、とりあえず相続税の申告が終わってしまえば、自分の仕事は終わりなので、土地をどうやって分けたかなんてどうでもいい、なんて方も残念ながらいます。


先延ばしすることで、さらに厄介なものを抱える問題があることを理解していれば、共有以外の選択肢を考えたことでしょう。


ちなみに、私が出会ったその土地も、兄弟姉妹で平等に共有されていましたが、おそらく、そういうことになる前に、売ってしまおうと考えたのでしょうか。

土地の値下げ交渉をした時も、兄弟姉妹のうちの1人(代表者)は、「他の兄弟もいるので、自分だけで価格は決められない」と言っていました。

あるとき、その土地を通りがかったら、家が建っていたので、結局、売れたみたいですね。お金に変われば、分けることができますので、ひとまずこの方たちにとっては、一時的に共有として問題解決の先延ばしをしたものの、しっかりと分けることができて良かったわけですね。


日本の相続財産の多くは「土地・建物=分けにくい財産」です。

財産の半分くらいが土地・建物かもしれません。

遺す方は、土地・建物については安易に共有とするのではなく、「誰に」遺してどう使ってほしいのかよく考える必要があると思います。 遺される方も、あらかじめ遺す方と相談しておくと良いのではないかと思います。