20160124追記
小銭貯金箱さんから次の情報をいただきました。まだこの方法は生きているようです。貴重な情報、ありがとうございましたm(_ _)m
nanacoギフトについて。 セブンイレブンでの購入は現金のみに切り替わってしまったようですが、 イトーヨーカ堂(のサービスカウンター?)では、 nanacoで購入できるみたいです。 (1回の購入金額、枚数に条件があるようです)

20150702追記

セブンイレブンでのnanacoギフトカードの購入は、いつのまにか「現金」のみとなっています。

あーかさん、でんさん、バカボンの父さん、貴重な情報ありがとうございましたm(_ _)m

根拠 nanacoで支払いできないものはありますか?(情報提供:でんさん)

==============
固定資産税は「3年に1度」、「評価替え」というものがあって、建物や土地の評価が替わります。

そして平成27年度は、この3年に1度に当たります。

平成27年度固定資産税の納税通知書が届いていたので、nanacoにクレジットカードからチャージして、セブンイレブンで忘れずに支払ってきました。

・・・ただし、本来なら10万円までしかチャージできないはずのnanaco1枚で払ってきました。

スポンサーリンク



我が家の土地・建物の固定資産税(+都市計画税)は、この通りです。

【平成27年度】
税額 209,500円
軽減額 ▲70,400円
(長期優良住宅:当初5年間)
年税額 139,100円

 第1期 37,100円
 第2期 34,000円
 第3期 34,000円
 第4期 34,000円


あんまり変わってませんね・・・。

さて、少しでもこれを節約するために、nanacoで固定資産税を支払います。

こちらが裏技実施後のnanacoのカード残高です。
nanaco

いかがでしょうか?

「センターお預り分」は、「5万円」が限度というのが常識ですが、72,637円というあり得ない金額になっています。

実は、少し手順を誤って、139,100円に足りない金額になって後戻りできなくなったので、残りは現金払いにしました。

元々この方法は、コメントをいただいたエバさんの情報によるものです。
カード残高とセンター預かりの上限が5万円であるのですが、これはクレジットからのチャージの上限です。nanacoギフトチャージだとセンター預かりが5万を超えます。実際に8万9千円になりました。

どこまでできるか試してないです。つまりnanacoで購入したnanacoギフトでチャージを行うと、1枚のnanacoカードで15万までの支払いが可能と思われます。

もっとできるかも知れませんが、まだためせてません。

な、なんと・・・。

エバさん、ありがとうございました。


というわけで、「nanacoギフト」を使うと「センターお預り分」で5万円を超えることができます。


しかしこの方法、かなり面倒です。


例えば、13万円を1枚のnanacoカードで使えるようにしようと思うと・・・

【最初】
カード内残高:0円
センターお預り分:0円

【1日目】
クレジットカードチャージ5万円

カード内残高:0円
センターお預り分:50,000円(=29,000円+21,000円)

【2日目】
セブンイレブンでnanacoの残高確認
カード内残高:50,000円
センターお預り分:0円

セブンイレブンでnanacoでnanacoギフト3万円分を購入
カード内残高:20,000円(▲30,000円)
センターお預り分:0円
nanacoギフト:30,000円

クレジットカードチャージ5万円
カード内残高:20,000円
センターお預り分:50,000円(=29,000円+21,000円)
nanacoギフト:30,000円

【3日目】
セブンイレブンで残高確認
カード内残高:50,000円(+30,000円)
センターお預り分:20,000円(▲30,000円)
nanacoギフト:30,000円

クレジットカードチャージ3万円
カード内残高:50,000円
センターお預り分:50,000円(=29,000円+1,000円)
nanacoギフト:30,000円

nanacoギフト登録3万円
カード内残高:50,000円
センターお預り分:80,000円(+30,000円)
nanacoギフト:0円
※最後にnanacoギフト登録をしないと、この後にクレジットカードチャージができない場合があります。

・・・これで準備完了です。

【4日目】
セブンイレブンで支払い
カード内残高:0円
センターお預り分:0円

固定資産税:13万円

・・・はい、実際にはこんなにスマートにいかずに試行錯誤して失敗しているので、私は5日かかって、ようやく方法が分かりました。


しかしそれ以上に驚いたのは、セブンイレブンの店員さんで、『プロ』でした。

こちらが何も言わなくても、慣れた手つきで次々に残高確認して、あっという間に支払完了となりました。

1枚のnanacoカードで支払う人が他にいるんでしょうか??

たぶん、多くのセブンイレブンでは、やらない方が良いと思います。


【結論】

固定資産税は合計20万円以下なら、4回分割払いで1回5万円以下で払いましょう。



もう、完全に裏技のために1枚にこだわってみました。

別に、4回に分けてもいいし、2枚持っているnanacoカードで10万円チャージ+3万円チャージでも良かったのですが、今回はエバさんの貴重な情報を実践してみました。


・・・おいおい、こんなに詳しく書いて何言ってるんだ、と思うかもしれませんが、「こんな面倒なことしたくない!」と思っていただきたくて書きました。

なお、この方法のメリットは、クレジットカードも1枚で済むということです。

リクルートカードプラス1枚で登録解除しなくてもチャージできました。

【今回の獲得ポイント】

127,637円×還元率2%=2,552円

※リクルートカードプラスは新規申込み停止しています(残念)。


⇒ 【楽天Edyもポイントが貯まるVISAはいかが?】 リクルートカード還元率1.2%の詳細はこちら


⇒ 【JCB】 リクルートカード還元率1.2%の詳細はこちら



nanacoチャージの詳しい方法は、こちらの記事もご覧ください。





また、固定資産税自体の記事はこちらも参考になるかも。

参考 固定資産税の取られすぎは自分でチェックしましょう!


※この記事は、「平成25年度」の「nanacoで固定資産税を支払ってきました」という記事を更新したものです。そのため、コメント欄は当時のものが残っています。