私が「個人向け国債」を保有している理由

私のメインの証券口座の1つがSBI証券です。

このように、100万円を個人向け国債で運用しています。
個人向け国債
このお金は、家の修繕積立金です。

一戸建ての場合、10年間で100万円、30年で300万円といわれて、積み立てが必要ですが、当初10年間のうちにそうそう修繕することは少なく、10年後に使うことを想定して、私は個人向け国債でこれを運用しています。

個人向け国債の10年間・変動金利
です。


さて、マイナス金利のおかげで、銀行の預金金利が毎日下がって下がってを繰り返していて、個人に対しては今のところマイナス金利はないと言っていますが、安全な運用先が気になりますよね。

結論としては、安全な運用先としては「個人向け国債・10年変動型」はありだと思っています。

いや、昔からよかったんですが、マイナス金利になってさらに魅力的になりましたね。
スポンサーリンク


個人向け国債は、必ず年利0.05%で止まる。

元本保証の個人向け国債の「金利」における最大の特徴は、「年利0.05%の最低保証」にあります。
個人向け国債の金利の設定
このため、マイナス金利になっても年利0.05%を下回りません。

したがって、現在募集中の2月の個人向け国債も、すべて年利0.05%となっています。本当は、マイナス金利導入により、
国債金利


例えば、みずほ銀行では、マイナス金利により、定期預金金利がこうなりました。
定期預金金利
全期間で同じ金利、これがいかに異常か・・・。

表にする必要が全く感じられないだろう、とこの表を作った人にちょっと同情した今日この頃です。

キャンペーンと合わせると年利アップ

さて、0.05%でも0.025%でもなんでもいいよ、と思われるかもしれませんし、それを否定するつもりはありませんが、証券会社のキャンペーンと合わせると、購入時だけではありますが、年利をアップすることができます。

例えば、私が個人向け国債を買っているSBI証券では、購入金額に応じてキャッシュバックキャンペーンをやってます。
キャッシュバックキャンペーン
私の場合も、100万円を購入して、同じように2,000円もらいました。

SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今ならさらに口座開設キャンペーンで最大7万円がもらえます(2月29日まで)

⇒ 株をはじめるなら。SBI証券の口座開設ができます。(無料)

楽天銀行&楽天証券のコラボで年利0.10%もありますよ。

さて、タイトルに「?」をつけたのは、個人向け国債がベストではなかったからです。

もう1つ面白い運用先があります。

それが、楽天銀行です。


楽天銀行も普通預金・定期預金は引き下げています。
楽天銀行

10年預けてもやっと「0.09%」です(みずほ銀行よりはましですが、変動金利の国債と違って固定になるので金利上昇に対応しません)。


しかし、楽天証券とコラボしている「マネーブリッジ」というものを使うと、金利が0.10%になります。

マネーブリッジというのは、銀行口座と証券口座でお金を共有する仕組みです。
マネーブリッジ

ちなみにこれが私のもっている口座の画像ですが、2月17日現在も金利は0.10%になっています。
楽天銀行

楽天銀行の詳細はこちらからですが、ハッキリ言います、明日、金利が変わってもおかしくありません!



結論

というわけで2つご紹介しましたが、結局、大した金利てはないので、金利なんてどうでもいいので、SBI証券も楽天銀行・楽天証券もそうですが、口座開設キャンペーンもやっているので、それだけゲットするのはアリだと思います。