この記事は、書庫のある家.comの「固定資産税を支払うならセブンイレブンで!クレジットカードとnanacoがおすすめ☆」に移転しました。

平成28年度 固定資産税第1期分を支払ってきました。

固定資産税のnanaco支払い
今年もやってきました固定資産税。一戸建てに住んでいますので、土地も建物もようしゃなく固定資産税がかかってきます。

昨年は1回で全額支払いましたが、今年はおとなしく4分割して支払うことにしたので、今回が第1期目です。
スポンサーリンク


平成28年度の固定資産税の総額は?

平成28年度は、141,200円でした。

4分割した場合の各期限は、

28年5月2日まで 36,200円
28年8月1日まで 35,000円
29年1月4日まで 35,000円
29年2月28日まで 35,000円

となっています。

ちなみに、平成27年度は139,100円でした。

あれ、なんか増えてるぞ・・・。

建物の固定資産税評価額は?

建物については、10,048,554円となっています。

え? もっとお金かかってるでしょ、と思うかもしれませんが、この価格は高ければ高いほど税金も高くなるので、低ければ低いほど良いのです。

といっても、どうやら私が住んでいる地域は、他の地域よりも一条工務店のi-cubeに対する評価が高いようなので、これでもけっこう高めです。

固定資産税1.4%と都市計画税0.3%の合計1.7%がかかるので、建物に対する固定資産税・都市計画税の合計は、170,824円です。

ただし、我が家は長期優良住宅のため、当初5年間はこの税金が70,339円減免されて、100,485円となります。

土地もあわせると、141,200円になります。


しかし、もう少ししたら減免期間が終わるので、土地と合わせて21万円もの税金がかかってきます。

うひゃ~~~~

これから家を建てる方は、資金計画を立てる際には、必ず毎月の返済額にプラス1万円を固定資産税として計上することをおすすめします。

我が家は1万5千円で予測しましたが、それでも足らなかったです・・・。


確認しよう!固定資産税の払い過ぎ!

まさか自分は大丈夫だろうと思ったら、払い過ぎているのが固定資産税です。

これ、全国で起こってますからね。

最悪の場合、固定資産税の払い過ぎで家まで売った人もいますからね(なんてこった!)。


固定資産税の明細を見ながら、次の記事の「6.固定資産税の「払い過ぎ」を防ぐ方法は?」を確認してみて下さい。

⇒ 固定資産税はいつ、いくらぐらいかかるの?知らないと損する7つのポイント


固定資産税の支払はセブンイレブンで

固定資産税のnanaco支払い
見ての通り、セブンイレブンに

・固定資産税の納付書
・nanacoカード


をもって出かけて、レジでさくっと支払いました。

5万円以内なので、本当にスムーズです。

これが固定資産税を4分割で払うメリットですね。

東京都内では無理かもしれませんが、地方ならトータルで20万円以内になることが多いのではないでしょうか。


これが、5万円超えると店員さんを選ぶというか、日が浅い店員さんに当たると面倒だったりしますが、次の記事のように対策をのせているので、なんとかがんばってください。

⇒ 「5万円超」をnanacoで支払うときの店員さんとのやり取り

⇒ 10万円までの税金をnanacoで支払うときに気をつけること


nanacoチャージって何?という方は、こちらの記事が参考になりますよ。

⇒ nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること