誰もが一度は経験したことがあるであろう、誤爆とか誤変換とか誤送信・・・。

送信ボタンを押してから「あっ!!」と声を上げた時にはもう遅いのがメールですが、メールの「しまった!」を防ぐありがたい機能がGmailにあります。

ただ、「手動」で設定する必要があるため、とっても簡単ですが、画像入りでご紹介します。




Gmailにログイン
 ↓
画面右上の「歯車ボタン」をクリック
 ↓
「設定」をクリック
 ↓
「送信取り消し」「送信取り消し機能を有効にする」「レ(チェック)」をして、「取り消せる時間」を選択します。
設定
 ここでは最長の30秒にしています。
 ↓
1番下にある「変更を保存」ボタンをクリックする。


・・・以上です。 


実際に取り消す時は、送信直後に出てくる「取消」をクリックします。
取り消し
 
これだけで、「あっ!!」と思った瞬間にクリックで、防げます。




なお、そもそもこの機能は、

送信してしまったメールを相手の受信ボックスの中から消去する機能ではありません。


送信ボタンをクリックしてから、「●秒間送信しない」という設定なのですね。


30秒に設定したら、送信ボタンを押してから30秒間は、メールを送信しないわけです。


不思議なことに、メールを送った直後に「あっ! しまった!!」と思うことが多いので、素晴らしい機能だと思います。
 

まあ、逆に言えば、30秒間、メール送信にタイムラグが生じるのですが、デメリットでも何でもないですね。


この設定をしたとしても、

・送信先は正しいか?
・タイトルはおかしくないか?
・本文はおかしくないか?
・誤変換はないか?
・本当にこれで送っていいのか?


念のため、確認することをお忘れずに(自分も含めて)。


関連記事
 Gmailなどのメールで差出人名を「本名」以外に変更する方法



新規記事投稿は控えるつもりでしたが、とても便利な機能だったので、予定を変更してお送りしました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ