昨年6月に書いた記事ですが、その後、実際にポイント還元して無料で走ることができたので、更新を兼ねてご報告です。

スポンサーリンク



3月20日付で、「ETCマイレージサービス」からメールが来ました。
マイレージサービスメール
自動的にポイント(マイル)が貯まる仕組みなので、放っておくとすっかり忘れます(毎月メールがきてあったことに気づきます)。


昨年6月にはじめてから、2月までの利用実績がこちらです。
ETC
1月に1,000ポイントを還元しました。

パチパチパチ(拍手)



我が家は週末に車に乗るくらいでしかも全く遠出をしないのですが、それでも、じわじわとポイントを重ねて半年で還元できました。

1,000ポイントで500円分の高速料金に使えます。
マイレージ還元
いかがでしょうか。実際に無料で高速を走ってます。


そもそも「ETCマイレージサービス」とは?

マイレージ? どっかで聞いたことがある言葉ですね。


今回ご紹介するのは、高速道路版マイルです。


基本的にNEXCO東日本/中日本/西日本が管理する高速道路(それ以外の高速道路もあります)が対象となるわけですが、利用料金10円について1ポイントがつきます(他の道路では100円で1ポイントなど付与率が異なります)。
無題

さて、気になるのは還元率ですが、下記のとおりです。
無題
では、実際の還元率を計算してみましょう。

もしNEXCOの高速を利用すると、10円で1ポイントですから、1,000ポイントは1万円利用した場合ということになります。

500円÷1万円=還元率5%

2,500円÷3万円=還元率8.3%

5,000円÷5万円=還元率10%


となります。


高速道路なんて全然使わないよ~、という方にとっては何の魅力もない制度だと思いますが、通勤や仕事で高速道路をよく使う方、ドライブが好きな方、なんだかんだ高速道路を利用してしまう方(=我が家)にとっては、この還元率は魅力的ではないでしょうか。

1回の高速料金が500円

往復で1,000円

月2回で2,000円

年間2万4,000円


還元率10%なら年間2,400円も!

たったこれだけで2,400円÷500円=約5回分無料で高速道路に乗れます


しかも、「ETCマイレージサービス」にただ登録するだけです。

難しいことはありません。


ちなみに、26年4月から平日朝夕割引は、この「ETCマイレージサービス」に登録していないと適用されなくなりました。月5回以上利用するという制限も新たに追加されましたが、割引率は30%~50%ですから、通勤で使う方にとっては登録しないと損ですね。


【注意点】
・ポイントは「交換」しないと支払いに使えない

・ポイントの有効期限は最大2年間(ポイントが付いた年度(4月~翌3月)の翌年度末まで)

・通行料金の10円未満はポイントがつかず切捨て

・ポイントの付き方は道路会社によって異なる


我が家の場合、1年間で1万円以上使っていますので、最低でも1,000円以上は無料で乗れたのにもったいないです。


さて、今まで、残念ながら知らなかったので、早速登録してみました。

ETCマイレージサービス公式サイト

無題

登録のためには、次の3つが必要です。

・ETCカード
20130214_222848-300x192

・ETC車載器の車両器管理番号(ETC車載器セットアップ申込書・証明書に記載)
setup
ETC車載器の裏面にも書いてあるのですが、取り付け方によっては全く見ることができないので、探しましょう。車検証などと一緒に保管していませんでしょうか。
・車両のナンバープレートの番号(下4ケタ)
これは車を見ればすぐわかりますし、覚えている方も多いのではないでしょうか。


無題2

無題3


ここから情報を登録していきます。

指示に従って、各情報を入力していきます。

ちなみに私は「番地」を「全角」で入れないといけないのに半角で入れて入力し直しました。良く指示を見ましょう。
無題4

ETCカード番号など各情報を登録していきます。


以上で申込みが完了です。

IDとパスワードは郵送で送られてくるので、待ちましょう。
無題6

私の場合は、26年5月25日に申し込んで、5月27日に次の封筒が届きました。
s写真


この中にログインIDとパスワードが書かれた用紙が入っていますので、再度公式サイトからログインします。
無題

無題


すると、「マイページ」が出てきます。
 無題
これで、利用するたびにポイントが貯まっていきます。

月に2回くらいは使うかも、という場合には、登録したとしても入会金や年会費が取られるわけでもないので、試しに登録してはいかがでしょうか。

ETCマイレージサービス公式サイト


関連記事
高速道路を使うならETCマイレージサービスで還元率最大12%も!


なお、合わせ技でETCカードにこだわってみるのも1つです。

例えばリクルートカードでは、JCBブランドの場合には、入会金・年会費無料でETCカードが作れます(VISAは発行時に1,000円+税)。

【リクルートカード/プラスの詳細はこちら】



関連記事
nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するときに気をつけること


また、ガソリンの節約記事もご一緒にどうぞ。

関連記事
【まとめ】ENEOS(エネオス)でガソリンを1円でも安く入れる方法