「ETCマイレージサービス」のポイントが貯まってきたので、どんな感じでポイントが貯まっているのかご紹介したいと思います。
無題

スポンサーリンク



そもそもETCマイレージサービスって、入っていることすらすぐ忘れるので、「ポイント残高のお知らせ」通知を設定しています。


「登録情報」で「ポイント残高のお知らせ」から「メールにて通知」を選んでおくと、毎月20日以降にメールが来ます。
メール通知

こんな感じでメールが来ます。
ETC

(注)ネットバンクなどは、偽メールがくることもあるそうなので、メールからログインという流れは、やめた方がいいでしょう。


ログインするとポイント明細を見ることができます。

例えばこれは、昨年9月の時にきたものですが、高速道路の会社ごとにポイントを見ることができ、「東/中/西日本高速道路株式会社」のポイント明細を開いた画面です。
ポイント明細
我が家はそもそも長距離(1,000円以上?)で高速道路を利用することはないのですが、それでも404ポイントが貯まっています。


「東/中/西日本高速道路株式会社」の場合は、10円あたり1ポイントですので、404ポイントということは、4,040円分使っていることになります(端数処理などでズレますが)。


例えば、290円の高速道路に往復で乗った日には、29ポイント×2=58ポイントが貯まっています。
ポイント明細2

さて、還元方法ですが、自動的にポイントが貯まったら高速道路の料金から値引きしてもらう方法にしています。

「登録情報」で「ポイント自動還元サービス」から自動的に交換するサービスを「希望する」を選んでおくと、その分が値引きされます。
ポイント還元

「東/中/西日本高速道路株式会社」の場合は、
自動還元
5,000ポイントで5,000円分の値引き(実質無料)を受けられます。


・・・ん?

我が家の場合は、有効期限までに5,000ポイントは無理ですね。


というわけで、今のままの利用状況だと、自動還元ではなく手動還元となります。
手動還元

悩ましいのは、交換単位によってポイント還元率が違うんですよね。
無題

そもそも10円で1ポイントですから、

1,000ポイント(1万円分利用)だと500円分
⇒還元率5%

3,000ポイント(3万円分利用)だと2,500円分
⇒還元率8.33%

5,000ポイント(5万円分利用)だと5,000円分
⇒還元率10%


となり、貯めた方がお得です(制度が変わって減ったものの、5~10%還元は魅力的です)。


しかし、有効期限もあるので、我が家のようにそれほど遠出しない場合には、還元率が下がっても、1,000ポイントごとにもれなく手動で還元するしかないでしょうかね。

というわけで、こちらがその後の今年3月時点でのポイント残高です。
ETC

1月に手動でポイント還元して、500円分(1,000ポイント交換)得しました
マイレージ還元
交換だけしておけば、後は勝手に高速道路を使った時に引いてくれます。

IC乗車券を使って電車に乗る時のポイント還元する仕組みに似ているような気がします。


仕事でよく使うとか、週末は結構遠くまで行くよ、という方は、きっと5,000ポイント自動還元で決まりですね。


ETCマイレージサービスの登録方法については、次の記事に詳細を書いていますので、参考にしてください。

関連記事
高速道路を無料で走れるETCマイレージサービスの申し込み手順紹介


 

さて、タイトルは「還元率最大12%も」とか書いておいて、さっきの話では10%だったのでは?と思われたかもしれませんが、あとの2%はETCカードの支払いを還元率2%のクレジットカードで行う、ということです。

還元率2%のクレジットカード、と言えば、リクルートカードプラスです。

年会費がかかるのがイヤ!という方は、年会費無料・還元率1.2%のリクルートカードという手もあります。

【リクルートカード/プラスの詳細はこちら】


ちなみに、ETCカードを発行する場合には、リクルートカードは「JCB」を選ぶと「新規発行手数料無料」で作ることができるのに対して、VISAは1,000円+税がかかってしまうので、JCBにしようかVISAにしようか迷っている方は、「JCB」はいかがでしょうか?

リクルートカードプラスはJCBだけなので、ETCカードの新規発行手数料も無料です。
リクルートカード

リクルートカードは、nanacoへのチャージでもポイントが貯まるので、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

関連記事
nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するときに気をつけること


また、ガソリンの節約記事もご一緒にどうぞ。

関連記事
【まとめ】ENEOS(エネオス)でガソリンを1円でも安く入れる方法