クレジットカードの記事を書くためにいろいろ調べていると、気になるのは、「クレジットカードなんて使いすぎて怖いからもっていない」という声がまだまだあるという点です。
 
確かに、クレジットカードって、後払いですから、自分が支払える金額を上回って使ってしまえば、最悪、クレジットカード破産とかになる場合もあります。 

でも、一方で、クレジットカードがあることで、お金を持たなくていい気軽さや、ポイントを得られるのも大事ですよね。

そこで、今回は、クレジットカードとデビットカードをうまく組み合わせていいとこ取りをしながら節約しようというお話です。

スポンサーリンク



まず、クレジットカードのメリットとデメリットを並べてみると・・・

【メリット】
・ポイントが貯まる
・インターネットの支払いで使える
・小銭を持たなくても買える
・給料日前でも買い物ができる

【デメリット】
・金銭感覚が狂って使いすぎる
・後払いだから銀行口座にお金がなくても買い物ができる

・年会費がかかるものもある

などなど。


結局、問題なのは、「使いすぎる」ってことですよね。

実際、とある調査では、クレジットカードをもっている人の方がもっていない人よりも多く買い物をしてしまう傾向にあるそうです。


というわけで、提案です。


クレジットカードは、「絶対に支払わなければならないものだけ」に使うようにしましょう。


別の言葉で言えば、「固定費」です。 


電気代や水道料金を支払いすぎてクレジットカードで破産した人を、聞いたことがありますか?

いないですよね。


そもそもクレジットカードのせいじゃないですよね・・・。その前に、電気や水道、止められますよね。


電気代や水道料金は、使った分だけ請求が来ますが、ふつうに使っていれば、毎月そんなに大きく変わることはありません。


一方、ブランド物のバッグを買ったり、海外旅行に行くのにクレジットカードを使ったらどうでしょうか。

家電をまとめ買いしたり、趣味のグッズをネットショッピングで見つけてカード決済!

後日、クレジットカードの請求書を見て冷や汗をかきます。


金銭感覚がマヒしてしまうな、とか、自己管理があんまりできなくて不安だな、とか、昔、クレジットカードで失敗したことがあるな、という方は特にですが、「変動費」には、クレジットカードを使うのをやめましょう。


「ええ~。でも、インターネットショッピングの支払い(決済)ができなくなるとか、普段の買い物でお金をたくさん持ち歩きたくないな」とか、クレジットカードを使わないとなると、不便なこともいろいろありますよね。


こういうときに使えるのが、「デビットカード」です。


デビットカードというのは、買い物の支払いに使えるカードで、買い物をすると同時に、銀行口座から同じ金額のお金を引き出します

クレジットカードが後払いなのに対して、デビットカードは即時払いといえます。

デビットカードのメリットとデメリットを並べてみると・・・

【メリット】
・インターネットの支払いで使える
・小銭を持たなくても買える
・銀行口座にお金がないと支払えないのでそもそも使い過ぎができない
・審査不要
・高校生でももてる

【デメリット】
・銀行口座にお金がないと支払えない(当たり前だ!)
・年会費がかかるものもある

などなどです。


クレジットカードと異なり、銀行口座にお金があることが前提となるので、使い過ぎに歯止めがかかりますね。

もし、財布を見たらお金がない時、どうしますか? 近くのコンビニのATMで現金を引き出したとしましょう。

手数料がとられていませんか?


デビットカードを使えば、銀行口座からお金を使うのは同じですが、引き出し手数料はかかりませんし、そもそもお金をどこかで引き出したりする必要がなくなります。

これはまさにクレジットカードと同じメリットですよね。


また、ネットショッピングでも、カード決済がダメだと銀行振込で振込手数料が必要になったりと、ここでも余計な手数料がとられます。


だからデビットカードの出番なのです。


というわけで、まとめると、

固定費
→「クレジットカード」をうまく利用してポイントを貯める


公共料金でクレジットカード払いができるものは一度設定してしまえば、後は財布に入れずにタンスの中にでもしまっておけばいいでしょう。

固定資産税や自動車税などの税金は、nanacoの裏ワザを使っても良いかと思います。

参考 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること


変動費
→「デビットカード」で使い過ぎやよけいな手数料を節約する


大量の現金を持ち歩かなくて済みますし、ポイントを貯めたり、ネットショッピングでも使い過ぎを防ぐことができます。
 

というように、クレジットカードを使うのが怖いなあと思う方も、デビットカードと組み合わせて「仕組み化」してはいかがでしょうか。  

特に、「楽天銀行デビットカード(JCB)」は、還元率1%で楽天カード並みの還元率です。

【楽天銀行デビットカードの詳細はこちら】



nanacoの裏ワザは、「楽天銀行デビットカード(JCB)」でもできます。

例えば、先日、5,000円分のnanacoチャージをした際に、50ポイントが還元されました。
楽天銀行デビットカードでポイント獲得

具体的な方法はこちらの記事まで。

楽天銀行デビットカードJCBもnanacoチャージで還元率1%もらえます!

審査なし!「楽天銀行デビットカード JCB」で還元率1%のnanacoチャージOK : 書庫のある家@i-cube

楽天銀行の口座を申し込むと同時に「楽天銀行デビットカード」を申し込めますが、JCBブランドを選ぶとデビットカードなのにnanacoチャージができますので、おすすめです。