そもそも「着払い」とは何?

モノを送る側が料金を支払う「元払い(もとばらい)」が一般的ですが、逆に、モノを受け取る側が料金を支払うのが「着払い(ちゃくばらい)」です。
着払いと元払い
自分が料金を負担するのか、相手が負担するのかの違いですね。

例えば、ネットオークションでは、落札者から「送料は着払いでお願いします」と指定される場合があります。

そういう場合は、受け取る側が負担するわけですが、はじめて送る人は、どうやって送るんだろう?と疑問に思うかと思います。


今回、実は、祖母から送られてきた某ゼリーメーカーのトマトゼリーが自主回収になって、はじめて着払いを利用したのですが、1番簡単なのは近所のコンビニで着払いをする方法だったので、具体的な方法をまとめました。

スポンサーリンク


コンビニで着払いをする具体的な手順

まず、適当なダンボールに送る荷物を入れます。
着払い用

コンビニに行く前に、必ず次の点を確認しましょう。
  • 送り先の名前
  • 送り先の住所
  • 送り先の電話番号
特に電話番号は、あらかじめ、着払いの荷物があることを受け取り先に電話で連絡するため、記載するようにしてください。

これをコンビニに持っていて、「着払いで荷物を送りたいんですが」と店員さんに言います。

すると、店員さんは、次のような用紙を出してくれます。
着払い

今回は、近所で1番近いファミリーマートに行きました。

ちなみに、2番目もファミリーマートが近くて3番目はサークルK(将来的にはファミリーマートに改修か廃業)なので、そんなにファミマいらないよ!という状況になりそうです(「ファミマとサークルKサンクス統合で楽天ポイントはコンビニで使えなくなるのか?」)。


・・・まあ、そんなことはどうでもよいのですが、ファミリーマートで取り扱っているクロネコヤマトの宅急便の着払いは、オレンジ色の用紙になっています。

「お届け先」は、送る相手先の電話番号、住所、氏名を書きます。

そして、「ご依頼主」には自分の電話番号、住所、氏名を書きます。

後は届出日時(書かなくてもOK)と、今回送るものの「品名」を書きます。

そんなに難しいところはありませんね。

このまま、店員さんにダンボールと一緒に渡します。
 

すると、店員さんはダンボールの重さを大ばかりで量(はか)って、メジャーを出してタテ・ヨコ・高さを測って、金額を用紙に書いていきます。

そして、登録が終わると、手続きは完了で、領収書をくれました。
着払い2

「宅急便」として、金額は「0円」となっています。

着払いは、送る側は一切負担がないということが分かりますね。

あとはオレンジ色の用紙の1枚目を控えとしてもらって終わりです。

とても簡単ですね。

・・・ただし、この方法で計算してもらったところ、受け取る側が負担する送料は、864円でした。

こちらは負担しないからといっても、これだと結構高いですね。

着払いができるコンビニはどこ?

クロネコヤマトの宅急便ができるのは、主に次のコンビニです。
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • デイリーヤマザキ

また、ゆうぱっくも同様に着払いができますが、ゆうパックができるのは、主に次のコンビニです。
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

以上、neronaでした。