この記事は、書庫のある家.comの「【一条工務店i-cubeの電気代】 中部電力のカテエネで2年間5000円以上節約する方法」に移転しました。

電力自由化なんて良くわからないから何もしていませんでした!

この記事は、中部電力を利用していて、4月から電力自由化がはじまったけど、なんかよくわからないし、他の電力会社と比較するのも面倒だし、そのまま中部電力でいいや、という方のために書きました。
中部電力新メニュー
出典「中部電力はじめる部


はい! それは私です!


もちろん電力自由化は、4月に始まっていることは知っていたのですが、比較サイトをいろいろ見たものの、結局、どこが1番いいのかわからないし、そのまま中部電力でいいじゃん、と思って放置していました。


しかし、ようやく時間ができたので、改めて中部電力の4月から始まっていた新しいプランを見ると、それは失敗だったことに気づきました。

特に、タイトルにもあるように、中部電力の新しいプランがオトクです。



中部電力の家庭向けWEB会員サービス「クラブ カテエネ」

従量電灯40~60A
の方は、登録をするだけで、月150円×12か月=年間1800円割引になります。やってないじゃん~。
おとくプラン150円引き
(注)カテエネ会員で150円割引を選択した場合

出典「おとくプラン|中部電力

新しいプランは2年縛りがあるんじゃないの??

そうですよね、私も最初そうだと思っていました。

中部電力の新しいプランは2年契約になっていて、スマートフォンの契約みたいに途中で解約したら違約金がとられるのでは、と思って何もしていない方も多いです。

しかも、2年契約についてみると、次のように書いてあります。

2年間の継続利用が加入条件となります。

(転居などに伴い解約される場合に違約金などは発生いたしません。)

まるで、転居(引越し)以外で解約したら違約金が発生しそうな気がしますが・・・そうではありません。

2年契約というのは、あくまで契約期間を定めないといけないという法律の前提があって、2年と設定しているだけで、途中で解約しても違約金がないことが確認されています。


なお、中部電力との「ご契約に関する重要事項説明」によれば、次の4つの場合には違約金が発生し、免(まぬが)れた金額の3倍が請求されます。
  1. 電気工作物の改変等によって不正に電気を使用された場合
  2. 契約負荷設備以外の負荷設備によって電気を使用された場合
  3. 低圧電力の場合で,電灯または小型機器を使用された場合
  4. その他,当社が定める基本契約要綱およびお客さまが適用を受ける個別要綱に反した場合
例えば、電気メーターをいじって電気料金を不正に安くするとか「おかしな使い方」をしてたら、違約金が発生しますよ、ということですね(そりゃそうだ)。
  スポンサーリンク


どうせ中部電力を続けるなら新しいプランが得!

使い方によっては、新しい電力会社の方が安くなる場合もあるでしょう。

ただ、正直なところ、自分の周りで新しい電力会社を使っているなんて話は聞かないし、そもそも大丈夫なの?ということもあるかと思います。

だから特に何もしないで4月以降、5月、6月、7月、8月と来ているのではないでしょうか。


しかし、現在、40~60Aの方は、「従量電灯B」のプランで契約していると思いますが、新しいプランで得をするチャンスを逃しています。


というのも、おとくプランは現在のプランと同じ条件(ただし2年契約)で、毎月の電気料金が割引になる仕組みだからです。

他の電力会社に負けないように、新しいプランを作ったといえます。

そういう意味では、電力自由化という競争によって、電気料金がおトクになったとも言えますね。


しかし、あくまでこれは、新しいプランを契約した場合です。

そのまま(従量電灯B)だと、何も変わりません。

1か月で150円、5か月経過なので、750円の節約のチャンスを既に逃したことになります。
おとくプラン150円引き
(注)カテエネ会員で150円割引を選択した場合

出典「おとくプラン|中部電力

カテエネ会員になろう!

こちらから登録もできます。



中部電力の家庭向けWEB会員サービス「クラブ カテエネ」

なお、登録の際には、必ず、電気料金の明細を手元に用意してください。番号を入力する必要があります。

「おとくプラン」の申し込み手順

さて、カテエネにログインした後の手順についてご説明します。

「料金メニュー」をクリックすると、次のような画面になります。
カテエネ01

自分の契約状況が表示され、下の方にプラン変更できる料金メニューが並びます。
カテエネ02
このうち、今回は、「おとくプラン」を選択します。料金の説明の下にスクロールすると、「今すぐ申し込む」ボタンがあります。不安な方は、「今すぐシミュレーション」で念のために確認するのもありです。
カテエネ03

まずは、「申込情報」の入力です。
カテエネ1

「変更後のご契約プランについて」は、「おとくプラン」を選択します。

特典は、(1)毎月150円分のカテエネポイントでもらうか、(2)毎月150円電気料金から割引するかを選択できますが、私はポイント交換の手間が省けると思って、(2)を選びました。
カテエネ2

あとは、電話番号を入力して、「申込内容の確認へ」に行きます。
カテエネ3

すると、「ご契約に関する重要事項説明」という難し~~い文章が出てきます。
カテエネ5

「3.供給開始予定日」については、このプランがスタートする時期が書いてあります。8月14日に申し込んだ段階では、翌月になるので、我が家の場合は9月20日スタートです。契約電力も50Aで、現状と同じですね。
カテエネ6

その下には、最初に書いた「違約金」に関する事項もあります。


以上で申込完了です。
カテエネ7

お疲れさまでした。



中部電力の家庭向けWEB会員サービス「クラブ カテエネ」
 

他の電力会社が魅力的なサービスを出したら乗り換えもあり?

最後になりましたが、2年契約ですが、スマートフォンとは違って2年縛りではないと書きました。

つまり、とりあえず中部電力でおとくプランにしておいて、もっと良いプランが他に見つかれば、乗り換えもOKといえるでしょう。

・・・ただ、今のところ、様子見の人がたくさんいることからもわかるように、本当に得なのかは、見えづらいところが多いです。

また、来年4月からは、今度はガスの自由化がはじまるので、また、プランの見直しが全体的にかかるかもしれません。

我が家の場合は、中部電力と東邦ガスなので、中部電力がガスもやってくれないかな~、と期待を抱いているところです。

様子見だとしても、まずは「おとくプラン」で得したらどうですか?というのが、今回のご提案です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。