5種類ある自動車税の支払い方法

一般的には、自動車税を支払うときには、次の5つの方法があります(例:愛知県)。

1.銀行などで払う

指定の銀行や信用金庫などで取り扱っていて、窓口にもっていけば手数料無料でやってくれます。

特にポイントは貯まりません。

2.インターネットバンキングで払う

1と同様ですが、振込手数料がかかるかどうかは、各インターネットバンキングで確認しましょう。こちらもポイントは貯まりませんし、手数料がかかったらむしろマイナスですね。

また、私が住んでいる愛知県では領収書が発行されず、後日、「自動車税納税証明書」がもらえます。

3.都道府県税事務所で払う

自動車税は、都道府県が集めている税金で、その事務を行っている役所が都道府県税事務所(愛知県なら県税事務所)です。

ただし、平日しか空いてませんし、場所も近くになかったりするとかなり微妙ですね。

やはり、ポイントは貯まりません。

4.クレジットカードで直接払う

愛知県は対応していますが、対応していないところもあるので、できるかどうかはそれぞれですが、最近、できる都道府県が増えてきましたね。

参考 東京都で自動車税・固定資産税をクレジットカード納付するメリットとデメリット


クレジットカードなので、ポイントは貯まります。

しかし、残念ながらどこも手数料がかかります。

例えば、愛知県では、自動車税34,500円に対して324円が手数料としてかかります(1件ごと)。

還元率1%のクレジットカードなら、345円還元ですから、あんまり意味がないですね・・・。

せめて還元率1.5%以上のクレジットカードなら、検討の余地ありです。


ただ、最近は高還元率のクレジットカード自体が減ってしまったので、次の方法をおススメします。
  スポンサーリンク


5.セブンイレブンでnanacoで支払う

銀行や県税事務所と違って、24時間、いつでも好きなときに納税ができます。

nanacoの裏ワザを使えば、クレジットカード払いとちがって、クレジットカードのポイントは貯まるのに、手数料はかかりません。

裏ワザの詳細は、次の記事でご確認ください。

参考 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること


というわけで、昨年支払った自動車税がこちらです。
自動車税nanaco払い


お子さんに障がいがある方は減免手続きを忘れずに!

・・・あれ? なんで今年の分じゃないの?と思った方は正しくて、実は我が家は自動車税が免除されています。

子どもに一定の障がいがある場合には、自動車税の減免措置がありますので、ご確認ください。

参考 障がいをもつ子どもと「自動車税」の免除

【前提条件】
障がいの種類:知的障がい
手帳の有無:「療育手帳」を保有
判定区分:重度(療育手帳のA判定)
地方自治体:愛知県

他の都道府県でも、同様に減免があったりすると思いますので、該当しそうな方は、ぜひご確認ください。


というわけで、我が家では自動車税は払っておりませんが、平成27年度分は手続きをしていなかったため、一旦払って、あとで還付してもらいました(ポイント分、もらってしまってごめんなさい・・・)。

「払わないといけない」からこそ支払方法を工夫しよう

一般のご家庭では自動車税は「払わないといけないもの」だと思います。

卵のように、他のスーパーなら安い、とかそういうものではありません。

必ず、その金額を払わないといけません。


ということであれば、あとは「支払方法」を工夫するしかありません。


どうせ払わないといけないものを、ふつうに払うのも、裏ワザを使うのも、あなたの自由です。


期限内にさえ払ってくれれば、誰も文句は言いませんし、この方法で支払えとも言いません。


まあ、裏ワザを使うなんて面倒じゃないの、と思う方は、やらない方が良いと思います。

ちょっとnanacoとポイントが貯まるクレジットカードを用意して、

さらっとパソコンやスマートフォンでチャージして、

セブンイレブンに持って行くだけなのですが、

やってみると簡単ですよ(ニッコリ)。

今からじゃ、もう遅いよね(by 読者Aさんから)


自動車税の納付期限は5月31日(火曜日)ですので、まだ、間に合います

詳しい方法は、次の記事を参考にしてみて下さいね。

参考 nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること

CO9Y_S3hTniE3yp1430656690_1430656845


自動車関連の節約ならこの記事もどうぞ!


ENEOSでガソリンを入れる方におススメの記事です。

参考 【まとめ】ENEOS(エネオス)でガソリンを1円でも安く入れる方法


高速道路をよく使う方は、マイル貯めてますか?

参考 高速道路を使うならETCマイレージサービスで還元率最大12%も!


そういえば、新車購入時に使えるノウハウも良かった読んでみて下さいね。私は94万円得しました。

参考 値引きと下取りで新車を94万円安くするために使った5つの方法