国家公務員は「国債」、トヨタ勤務は「トヨタ株」

資産運用で重要な考え方として、アセットアロケーションがあります。

アセットアロケーションというのは、リスクやリターンを考えて、複数の異なった資産に分散投資すること(あるいはその配分の割合)をいいます。

外部記事 有名人のアセットアロケーションをご紹介


例えば、国内株式に20%、国内債券に30%とか、自分のリスクに合わせて投資対象を選ぶかと思いますが、大事なこと、忘れていませんか?

あなたの最大の投資先は、現在勤めている会社だということを。

スポンサーリンク



投資リターンより圧倒的に多い「あなたの給料」

年収500万円の人がいるとしましょう。

例えば、投資リターンが年5%くらいだとしましょう。

年収500万円の人の「資産」としての価値は、

500万円÷5%=1億円

といえます。

もちろん、自分自身が健康で働くことが前提なので、株式投資や不動産投資による収入とは違う面もありますが、例えるなら、あなた自身が時価1億円の資産です。

パート収入が年収100万円だとしても、

100万円÷5%=2,000万円
 
の価値があります。

決してこれは、あなどれない金額です。

自分が働く会社も投資先の1つ

これはたぶん、従業員持株会なんかで「自社株」をもっているイメージに近いと思いますが、自分が働く会社も投資先の1つです。

当然、自社株もアセットアロケーションを考えるときに含める必要がありますが、自社株を持っていない場合であっても、給料も同様です。

給料という収入を得ることができるのは、自分が働く会社があってのことです。

例えば、トヨタ自動車で働いている方は、トヨタ自動車の業績に給料やボーナスが影響を受けるのではないでしょうか?
トヨタ自動車株式
まあ、株価についてはトヨタショックのときとアベノミクスによる上昇後とでは全然違っていて、毎月の給料と比較するのはやや言い過ぎではありますが、自分のボーナスの動きを株価と並べてみると面白いかもしれませんね。

ボーナスの原資は、会社の業績による部分もあるので、トヨタショックの後よりも現在の方が多くなる傾向にあることでしょう。


また、国家公務員であれば、「国」に対して投資をするようなものですから、「国債」のようなものです。

地方公務員であれば、「自治体」に対して投資をするようなものですから、「地方債」のようなものですが、中には財政破綻している自治体もあるので、自治体によってはリスクが高かったりするかもしれませんね。

まずは勤務先のリスクを測る

さて、「資産運用(アセットアロケーション)は「自分の給料」も含めて考えよう!」というタイトルにしましたが、まずは勤務先のリスクを測りましょう。

例えば、国家公務員の場合、自分の給料は国債を運用しているようなものです。

では、ガチガチの国債で運用しているところに、さらに「個人向け国債」を買うのは、どうでしょうか?

別にそれがいいとか悪いとかではないのです。

自分の目的にかなっているかどうかです。

ガチガチでいきたければそれでいいでしょう。

ただ、もし、余裕資金はもう少しリスクを取りたいと思っているのであれば、既に給料の部分がリスクが少ないわけですから、投資の方は他の商品に目を向けてみるのもアリだと考えます。


一方で、外資系企業に勤務していて、年収は高いのですが、急激な減収や失職するリスクが高い会社だとどうでしょうか?

「株式(日本株式または外国株式)」に投資しているようなものですね。

そんな人が、さらにリスクを取った投資をしたらどうでしょうか?

給料も投資も共倒れになる危険性があります。

リスクを取り過ぎていますがいいですか?ということですね。

資産運用は単なる商品選びではない!

資産運用は、決して、自分のお金を日本株式に投資しようかな、外国株式に投資しようかな、国債に投資しようかな、という単に「商品」を決めること、ではないと考えます。


あなたと家族が今度幸せに生活するために、長~~~くお金で困らないように向き合っていくことです。


仮に資産運用をしないとしても、働いていること自体が既にあなたという資産を運用しているようなものです。

独立して自営業になれば、リスクもリターンも変わります。

アセットアロケーションを見直す必要もあるでしょう。


資産運用で少しでもうまくいくためには、単なる商品選びとは考えずに、ライフプランの1つとして、自分の働き方も含めて考えたいところです。

自己投資も含めて分散投資する

そして、もう1つ考えるべきなのは自己投資です。

自己投資が最高のリターンをもたらす理由は、この給料の部分が資産運用に組みこんだときに、大きなウエイトを占めているからです。

株式投資をするのも、もちろん投資方法の1つですが、「自分」に対して投資をして、「生涯収入」を増やすことだって立派な投資です。

また、「共働き」ができる環境を整えるために投資をすることも大切です。

保育園や家事の負担を減らすためにお金をつかうことは、夫婦の収入を増やすための立派な投資です。

しかも、夫婦の収入があること自体が「分散」につながっているので、投資先が2か所あることになります。

1番の自己投資は「健康」

ちょうど、私の父親が60歳で定年退職となりますが、そのお祝いをした後、しきりに言っていたのは健康が大事ということでした。

父方の祖父が59歳で肺がんで亡くなっていて、ようやくそれを超えたというのもありますが、毎日、軽い運動を欠かさない父です。健康であることがまず大事だ、というのは、非常に当たり前のことではありますが、やはり見習うべきことだと改めて感じました。