私たちが住んでいるエリアでは、「集中豪雨」によって、住宅が浸水する被害がよくみられます。


土地探しをしているときに気にしているのは、「浸水・冠水の可能性はないか」です。


これを知るためには、「ハザードマップ」というものが役に立ちます。
スポンサーリンク



ハザードマップというのは、自然災害による被害予測を地図にしたものです。

自治体ごとに作っていたりいなかったりしますので、国土交通省のこちらのサイトで探してみてください。

私たちもそういうものがあるのは全然知らなかったのですが、私たちが住んでいる自治体がハザードマップを配っていたので、「え? この辺りって、冠水する可能性があるの」と気にするようになりました。

国土交通省 ハザードマップポータルサイト
http://www1.gsi.go.jp/geowww/disapotal/index.html

ハザードマップ



例えば、集中豪雨によって浸水の可能性はないかを見ようと思ったら、「内水ハザードマップ」です。

河川のはん濫が「洪水」だとすると、大雨による浸水は「内水」だそうです。


新聞記事を読んでいたら、過去に大きな災害があったあとには一気に人が減ったものの、その後、その空いた土地に人が移ってくるそうです。

新しくその土地に移ってくる人たちは、大きな災害があったことを知らない場合もあるそうです。

住んでからはじめて、昔、大きな災害で被害を受けたことを知ることもあるとか。

こればっかりは、現地を見に行っても、なかなか気づかないですよね。

土地探しをする際には、必ず、そのエリアで過去に何があったのか、これから何が起こりそうなのかも、確認した方がよさそうですね。