固定資産税の支払いにクレジットカードチャージしたnanacoを利用されている方が増えていて、クレジットカードのポイントを貯めました! 初めてnanacoで支払いました!との嬉しい声をいただきます。

でも、タイトルのように、うっかりやってしまうことって、ありますよね(ええ、やりましたとも)。

スポンサーリンク



nanacoのチャージは1回29,000円!

まず、クレジットカードを含むnanacoへのチャージは、1回あたり29,000円と決まっています。

でも、カード自体の上限は5万円です(さらに裏ワザで増やせますが、それはまた別の記事で)。


不思議ですよね~。


なぜかというと、ちょっと前まで、3万円以上を現金でもらった時には、印紙を貼らないといけなかったので、コンビニなどでチャージをするときには、1回あたり3万円以上にならないようにしたギリギリのラインが、29,000円だったんですね。

皆さんも、3万円以上の買い物をするときに、印紙を貼った領収書をもらったことがありませんか?

この印紙って、1枚や2枚なら大したことありませんが、全国のコンビニで毎日何枚を貼っている姿を想像したら、かなりの金額になりそうな予感がしますよね(実務上は、毎回貼るのではなく、まとめて印紙税を納付しているため、「印紙税申告納付につき税務署承認済」と四角囲みで印刷する場合が多いです)。


つまり、コンビニなどの節税のために29,000円という1回あたりの限度を自主的に決めたんですね。


今年の4月1日から消費税率8%になったことを受けて、5万円以上に改正されたので、ヘビーユーザーの私としては、1回あたり49,000円にしてほしいところですが、今のところ29,000円までとなっております(なんで??)。

※2014年4月1日より、イトーヨーカドー、ヨークマート、nanacoチャージ機などによるチャージは1回あたり49,000円となります。なお、そのほかの店舗やクレジットカードでのチャージは変更はありません




うっかりチャージしたら「金券」を買う!

というわけで本題です。

上限は5万円なので、例えば、2万円チャージした後に、ちゃんとチャージできたか確認しないうちに、もう2万円うっかりチャージしてしまうと、4万円がnanacoチャージされてしまいます。

残念ながら、一度チャージしたものは、公式サイトによればキャンセルできません!!


クレジットチャージ金額申込後のキャンセルはできますか?

申込後のキャンセルは出来ませんので予めご了承ください。

 

【対策1】
次の税金や公共料金の支払いで使う。


まあ、間違ってチャージしたとしても、私の場合であれば、次の税金の支払いに使えばいいや、と思うところですが、クレジットカードの支払いはちょっと集中してしまって、しまったな、ですね。



【対策2】
セブンイレブンでQUOカードなどの金券を買う。


ただ、しばらく使う予定がないという方は、セブンイレブンQUOカードを買ってはいかがでしょうか。

1万円なら10,180円分の買い物ができるので、1.8%の追加還元があってオトクです(セブンイレブンによって取り扱っているところとそうでないところがあります)。

P1030169-1024x768
nanacoはイトーヨーカドーやセブンイレブンなど使う場所が限定されますが、QUOカードなら、下記のように使える場所が広がります。

QUOカード 使えるお店~加盟店情報~

「一部店舗を除く」とあるように、使えないところもあるので、あらかじめ買う前に確認しましょう。。。


これで、うっかりチャージしすぎても、奥様に怒られずにすみますね(私は最初、知りませんでした・・・)。

nanacoの入手方法やチャージ方法など詳しくは、下記の記事をご参照ください。


【関連記事】