先日の雪で我が家のカーポートがちょっぴり壊れたのですが、その見積りが届きました。 スポンサーリンク



見積りは63,000円 でした

しかもこれは3月中に終わったときの消費税率5%のものであり、4月になればちょっと増えます。


というわけで取り急ぎ修理をお願いしましたが、消費税増税前の工事で忙しく、3月中旬くらいかなとのことでした。 

しかたないですね

ところで、火災保険には、雪の災害=雪災についても保険金がもらえる場合があるというニュースを見たので、我が家の保険証券を確認しました。


 む?




むむむ?





なんと、雪災を対象から外していました




しかし、我が家が加入しているAIUのホームプロテクションでは、自己負担が10万円と20万円のプランか、20万円以上の被害があってはじめて保険金が出るプランしかその時は選べなかったので、それを下回る今回の損害では10万円未満なので、雪災を対象にしていてもそもそも保険金なんてでなかったのです。


ちなみに、契約によっては自己負担ゼロ円もあるようなので、その場合には保険金が出るみたいですが、そもそも対象にしなかった我が家はそんなことを語っても意味がない話で、その分保険料の支払いが少なかったんだから仕方ないよねというのが正直なとことです。


何十年に一回の異常な積雪が毎年続くようであれば大ピンチですが、このあたり、発電量を第一に考えてしまったがゆえに落雪リスクを負うことになってしまいました。

といっても、こんなに雪が降るのは本当に久しぶりなので、発電量を削ってまで雪止めをつけるかといえば、我が家のある地域ではやっぱり過剰な気がします。発電量を維持してプラスになった部分を修理代に当てた方が現実的かもしれません。


ただ、雪が当たり前の地域の方は、発電量と落雪の影響をしっかり天秤にかけてくださいね。2月の大雪で、一条さんから落雪リスクをしっかり聞いていないという記事が多かったように思いますので、太陽光パネルを載せる方は屋根の形状も含めて慎重に計画しましょう


今回はカーポートがあったからカーポートが壊れましたが、なければ車がダメになっていたと思います。そういう意味では車に被害が及ぶよりはまだよかったのかなと思いました。フロントガラスが割れてもおかしくないんじゃないかと思うくらい、雪というか氷の塊が空から降ってきたわけですから。


というわけで、保険金は出ないのかあ、と思ったところで、ふと思い出しましました。





あ、雑損控除が使えるかも





雪災も自然災害ですので、雑損控除の対象になります。

ただし、5万円を超える部分が原則として対象なので、今回の場合には13,000円ですね。ここから税率分が税金を減らしてくれるので、30%が所得税と個人住民税の税率の合計だとすると、3,900円分の還付になるんでしょうか。消費税分くらいは戻ってきそうです。


このとき、確定申告の提出書類としては、修理代の金額が分かる領収書と一緒に雪で破損したことを証明するために破損箇所を撮った写真をつけておくとベストでしょう。


DSCN7173

こういうのもいいのかな。あんまり雪っぽくないような。。。

まあ、写真がなくても雪によるものだとちゃんと説明できれば雑損控除になるのではと思っていますが、詳しくは税務署でご確認ください。

ただ、来年の確定申告なので忘れそうですね。。。


*2015年3月7日追記*

忘れず雑損控除しました♪