POPOLOGさんの「驚きの事実!! 全館床暖房でも光熱費は変わらない」という記事を読んで、我が家の光熱費はだいぶ変わったなぁ、と改めて思ったわけですが、そもそも前提として、全館床暖房がPOPOLOGさんは電気で我が家はガスですね

スポンサーリンク



そういえば、昔、Yahoo知恵袋でこんな質問がありました。

一条工務店の全館床暖房について(2012年2月6日)
友達の家が一条工務店で建てられたそうです。
この時期でも床暖房のおかげでどの部屋もポカポカ。
赤ちゃんがいるので24時間つけっぱなしにしているそうです。
で、ガス代が月に10万円とか。

(2世帯住宅なので単世帯で計算をしても5万円)

正直金額を聞いて唖然としました。

そこで質問なのですが、

1、一条工務店の床暖房がついてる家に住んでいる方は、みなさんこんなに光熱費がかかっているのですか?

2,全館床暖房ですが、使用していない部屋のオフ設定はないのですか?


ちなみに、寒冷地ではなく東海地方だそうです。


我が家は2012年3月に引渡しを受けてもうすぐ2年が経つわけですが、実際にガス式全館床暖房の使用状況は、大体、朝に2~3時間、夜に2~3時間程度です

ということは、1日当たり4~6時間

つまり、24時間のうち、1/6~1/4だけつけているというわけです。

先日の記事に書いたように、2014年1月分のガス代は、約2万円です。

これを4~6倍すれば、月8万円~12万円というわけで、24時間つけっぱなしなら、東海地方でも月10万円は全然おかしくないですよ


・・・というわけで、24時間つけっぱなしにしたい方は、電気式にした方がいいのではないかと思いますが、勘違いしないでいただきたいのは、ガス式全館床暖房はそもそも24時間つけっぱなしにする必要があるのか、という点です。


我が家が朝に2~3時間、夜に2~3時間程度しかつけていないのは、ケチっているからではありません(ちょっとは気にしてますが)。

単に、

(1)こんな寒い日でも家の中がそれなりに暖かい(早朝でも18℃ある)

(2)それくらいの時間つけていれば暖かさが持続するので切ってしまう

(3)ガスは立ち上がりが早いので寒くなればすぐつければいい


というわけで、24時間つける必要性が我が家には基本的にないのかなと思っています(もっといい使い方があるのかもしれませんが、今のところそんな感じです)。


例えば、夜寝る時に床暖房をつけっぱなしにすると、暑くて起きるときもありますし、朝、妙に暖かくて寝過すという恐ろしい目にあったこともあります(ついポカポカして気持ちがよくて・・・自分だけ??)


また、電気は立ち上がりが遅いといわれますが、どれくらい差があるんでしょうか。

立ち上がりの早さはやはりガスの魅力です

まあそれでも、コストパフォーマンスでは、皆さんの記事を見ていると、電気の方がよさそうな気がしますね。。。


住んでいる地域によっても違うと思いますし、太陽光発電をしているかどうかでも違うと思いますので、電気の方が常に有利といえるかはわかりませんが、ガスにするか、電気にするか検討している方は、この時期、いろんな方の記事でピーク時の光熱費が出ていて参考になると思いますので、ぜひとも慎重に検討してみてください。


なお、ちょっと観点は違いますが、「Web内覧会#28 全館床暖房のメリットとデメリット」という記事も良かったら読んでみてください