会社を休んで妻と保育園の面接に役所まで行ってきましたが、保育園の「保育料」って、世帯の所得税で決まっているところが多いように思います

ということは、太陽光発電で所得税が増えたら保育料が増えるんじゃ・・・

スポンサーリンク



来年4月から保育園に入ろうと思ったら、世帯の所得税額は、平成25年分になります。

妻は育児休業中なので25年分の収入はありませんので、所得税額はありません。

私はこれから年末調整をしますが、その後に確定申告をする場合には、「源泉徴収票」ではなく「確定申告書」を市町村に提出します。

ちなみに、住宅ローン控除を考慮する前の税額で判定されることが多いように思います


さて、太陽光発電の売電収入があるとどうなるか、もし雑所得が20万円以上であればその分も所得税額が増えるので、保育料が増えるかもしれないというわけですね・・・。

7kWhの我が家はともかく、10kWh以上だと、余裕で雑所得が20万円以上になって毎年確定申告が必要な方もいるかもしれませんね。


まあ、所得税額で判断するとは言うものの、各市町村ごとに段階的なラインを設けているので、所得税額が1円増えたら保育料がすぐ増えるということではありませんが、そのラインをたまたま超えてしまったら、保育料が増えるんじゃないでしょうか

例えば、大阪市ではこんな感じで段階的に決まるみたいです。意外と小刻みに決まってますね。


太陽光発電のシミュレーションでは、さすがに保育料の増加まで考えている人なんていないと思いますが、実際に保育園に入れるようなときには、そんな話もあったなと思い出していただければ幸いです。


ちなみに、確定申告はしたけど、増えちゃったから源泉徴収票のコピーを提出して誤魔化したよ、なんてことはしない方がいいと思います。

市町村では「市町村民税(個人住民税)」を把握しています。

ちゃんと仕事をしている市町村なら、確定申告の内容で市町村民税を決めているので、税額がちがうことはバレバレです

・・・たぶん。