●家を建てる前にとても気になっていたことのうちの1つ

前回の記事では、太陽光発電の発電と売電について書きました。

 ・【実際どうなの?】太陽光発電と一条シミュを1年分比較してみた。

それももちろん気にはなっていたのですが、「一戸建てになったらどれくらい水道光熱費が増えるんだろうというのは、実は家を建てる前から気になっていました。

マンション住まいから一戸建てになったら、普通に考えると、部屋は広くなって電気もガスも水道もたくさん使いますから、水道光熱費は増えるはずです

マンション暮らしのときは1万円を超えることはなかったのですが、夏はエアコンが24時間稼働して、冬はガス式全館床暖房ですから、それはそれはとんでもないことになるだろうと思っておりました

スポンサーリンク



●というわけで、我が家の1年間の実績です。

【直近1年間の電気代】

 年間68,284円(月平均5,690円)

ここで、太陽光発電で売電収入-発電払い=利益(太陽の恵み)である51,204円を差し引くと、実際に我が家が負担する電気代は

 年間17,080円(月平均1,423円)

となります(太陽光発電に対する所得税等は無視しています)。

さすがに0円にはなりませんでしたが、太陽光発電の導入で電気代は抑制できているようです。

・・・と、オール電化だったらこれで終わりでとてもありがたいのですが、残念ながら我が家はガス併用です。

ガス式全館床暖房が冬になると月2万円前後かかったりしますので

【直近1年間のガス代】

 年間86,311円(月平均7,192円)

となっております。

まあ、夏はほとんど使わないので1年を通じてみれば1万円切ってますが。


というわけで、

【直近1年間の電気代+ガス代(光熱費)】

電気代年間17,080円ガス代年間86,311円
=年間103,391円(月平均8,616円)

となります。

オール電化の場合には、ガス代部分がないかと思いますが、既に建てられた皆さんのご家庭ではいかがでしょうか

ガスにすると「ガスの基本料金分だけムダですよね~」とはよく聞きますが、同じくらいの規模(34坪)のオール電化のi-cubeのご家庭があれば、ぜひとも情報お願いします。

もちろん、地域差はあるかと思いますが、本当にオール電化の方が安くすむのか比較してみたいものです。


●水道料金も含めると・・・!?

さらに水道料金も入れてみましょう。

【直近1年間の水道料金】

 年間41,117円(月平均3,426円)
 


【直近1年間の水道光熱費(電気代+ガス代+水道料金)】

電気代+ガス代+水道料金
=年間144,508円(月平均12,042円)

 
となりました。

いかがでしょうか


ちなみに、住宅ローンの返済シミュレーションを自分で考えているときには、水道光熱費は多く見積もって月2万円としていました。
(住宅ローン返済の他に水道光熱費と固定資産税の支払、修繕積立ても入れて考えないと、実際に毎月支払える金額は正しく出せないため)

というのも、総務省の統計では、次のようなデータがあるからです。
水道光熱費の統計

(出典)総務省|家計調査を一部抜粋


「年平均」というのは、「1カ月当たり」と読み替えてください。1カ月当たり22,000円前後というわけですね。

ちなみに、家族構成が「2人以上の世帯」というくくりなので、一戸建てに限らないと思いますが、他にいい指標がなかったのでこれで考えていました。

そう思うと、月平均12,000円というのはありがたい話です

オール電化だともっと少ないのかもしれませんね。


ちなみに、我が家が一条工務店を選んだ理由については、次の記事に詳しく書いています。

私が「一条工務店」を選んだ理由~私たちは家を建てることで来たるべきリスクにどう備えることができるのか?~

特に電気代とガス代は高気密高断熱だったり夢発電だったりで支出を抑えることが可能なものだと思いますので、これから家を建てる方には、そのあたりも検討の参考になれば幸いです