テーマは住宅ローンで悩ましい、「頭金」です。

結論は、頭金を20%にしたらいいですか、と質問する前に、もっともっと大切なことがありますよ、ということです
 
  スポンサーリンク



●「頭金を20%にすると大丈夫」なのは「誰」か?

住宅の購入にかかるお金のうち、20%くらいは頭金で支払って、残りの80%は住宅ローンで、と言うのは、よく聞く話です。


しかし、そもそも20%を頭金にというのは、20%を頭金にすればあなたが大丈夫、というわけではなく、住宅ローンが80%相当までしか借りられない時代があったので、20%を頭金にしないといけなかった、のが理由だと思います。


つまり、20%を頭金にすればなんとかなると思っていたのは、あなたではなく金融機関です。

家はあなたが住んだ瞬間に中古住宅になります。

土地・建物あわせて20%くらいは価値が下がる
と計算したのでしょうか。

返せないと、金融機関は土地・建物を売って、貸した80%分を回収します。



●「頭金」より「頭金を貯める能力」に注目!

とはいえ、今ではご承知のように、90%相当でも100%相当でも貸してくれる場合がありますので、時代は変わりましたね


ちなみに、我が家もいろいろ考えた結果、頭金0円にしました


それでは、頭金はどうしたらいいか、という話に戻るのですが、その答えはありません。


世の中、頭金を50%にしても危ない人もいれば、頭金0円でもなんとかなる人もいると思います。

「頭金は20%あれば大丈夫」というのは、唯一の回答ではないということをまず知っておいた方がいいように思います。


それよりも大事なことは、「頭金を貯める能力」があるかどうかです。


頭金はどこからやってくるのか?


親からの援助だけで頭金をそろえた方、要注意です。


あなたには「頭金」はありますが、「頭金を貯める能力」はありますでしょうか


つまり、ゼロから頭金を貯めようと思った時に、ちゃんと貯金をする能力があるかどうかを確かめた方が、よっぽど大事ということです


その能力があれば、これからコツコツ返済することが可能という証拠の1つになります。


頭金0円で住宅ローンを借りることができる時代になりました。

だから家を買ってもいいのではありません。

ゼロから頭金を貯める能力があるから家を買ってもいいのです。


このことに気づいてから、頭金なんてどうでもいいと思えるようになりました。


頭金がいくらかよりも、返済能力があるかどうかの方がよっぽど大事ですよね。


頭金を貯める能力がないのに返済能力があると言えるでしょうか

それは、無謀といいます。


●「出ていくお金(アタマ金)」より「残るお金(アマッタ金)」に注目!

そしてもう1つ大事なのが、出ていくお金、つまりこれが頭金なのですが、それよりも残るお金に着目すべきということです。


我が家は頭金0円と書きましたが、手元にお金がなかったわけではありません。

夫婦共働きでしたので、貯金しました。

頭金にできるお金はありました。でも、支払わなかっただけです。


さすがに、家を買ったら貯金が底を尽きたということは避けたいと皆さんが思うでしょう。


一方で、利息を払いたくないから頭金をたくさん払いたいという気持ちもごもっともです。


しかし、頭金をたくさん用意すると、残るお金が少なくなってしまう可能性があります



住宅ローンと言うのは、後から借入額を減らすことよりも増やす方が難しいです。


したがって、最初の設定時に無理して借入額を減らしてしまうと、後が苦しくなる可能性があります。



ところで、「頭金で払う」のと「繰上返済」って、兄弟だってご存知ですか?


借入直後に100万円、繰上返済してみて下さい

100万円、頭金を増やすのと、そんなに大きく変わりませんよ。


頭金で払うのも繰上返済も「住宅ローンの借入額を減らす行為」なのです。

タイミングが違うだけですよね


頭金で払うのがお兄ちゃん(先)で、繰上返済が弟くん(後)です。

(あんまり繰上返済が遅いと利息軽減効果はないですが)


ですから、頭金どうしようかな~、

これから数年、ちょっと先行き分からないな~、

と思ったら、できる限り頭金は少なめにして貯めておくのも1つの選択肢です。

(満足いく借入額の審査に通ることが前提ですが。。。)


我が家の場合、頭金は実質的に払いませんでしたので、その分は貯まっています。

そのため、今、無職になる怖さは特にありません。


とはいえ、今の借入額は借りすぎなのはわかっているので、自分の中で作った条件を満たせば、すぐにでも繰上返済ができます。


というわけで、頭金を20%にしたらいいですか、と質問する前に、もっともっと大切なことがありますよ、ということでしたが、これに気をつけるといいのではないかと思います


金融機関やハウスメーカーは、

「あなただと○○円くらい借りられますね」
とは言えますが、

「あなただと○○円くらいは返せますね」
とは言えません。



あなたの返済能力は、あなたにしかわかりません。

あなたが必要なまとまったお金も、あなたにしかわかりません。

繰り返し、考えてみてください。

私も何度も何度も家づくりをやめようかと思いましたが、その考えた結果があるので、腹をくくれたんだと思います。