固定資産税の縦覧に行ってきましたが、そのときの記事の中で、一条工務店で建てた家と思われる単価の家がありました。

参考記事|「一条工務店の固定資産税は高いですね~」(by市担当者)

我が家(一条工務店/icube)  ㎡単価 : 約98千円

近隣B宅(一条工務店?)    ㎡単価 : 約102千円 


番地からすると、かなり近そうです。

そこで、ポカポカしているし、妻と子どもを連れて付近の探索に向かいました
a1600_000252

近所に一条の家なんてあったかな~、土地探しの時に気づかったのかな、おかしいな~、と思って散歩をしていると、ありました、一条の家。

どうやらマンションの裏側にあって、今まで気づかなかったようですね。

i-cubeやi-smartではなく「煉瓦タイル」をふんだんに使ったセゾンタイプだったのに、気づかないとは

まあでも、㎡単価が約102千円とは、やっぱり一条工務店の家、おそるべしです。

それだけ価値が高いということですが、固定資産税の縦覧という目的からすれば、近隣に同じような㎡単価があると、我が家の評価も「適正(というか同じ基準)」といわざるを得ないということでしょうか。

う~ん。内訳が気になりますね。


ちなみに、妻は「この人、ブログやってないかな~」と戻ってきてからネット上を探索していました(残念ながら見つからなかったようですが)。

皆さんの記事に「nerona」の名前を見つけると、私よりも先に見つけて教えてくれる妻ですので、お気を付け下さい(何を?)