この記事は、書庫のある家.comの「なぜ「家づくりノート」を作ると良い家づくりができるのか?」に移転しました。このシリーズは、全5回で「家づくりノート」について書いています。まだ1回目の記事をお読みになっていない方は、「なぜ家づくりノートを作ると良い家づくりができるのか?(1)」からお読みください。

先輩ブロガーの記事は「家づくりノート」にφ(..)メモメモ

この記事を読んでいただいているということは、他のブロガーさんの記事も読んでいただいているのではないかと思います。


さて、ブログの記事を読んで、「おっ!」と思うことがあったら、みなさんはどうしていますか?

記事を「お気に入り(ブックマーク)」しているかもしれませんね。


でも、できればその情報を「家づくりノート」にメモしてみてはいかがでしょうか。

【ポイント3】
家づくりのブログを読んで、気になったことがあったらノートに書く。



ポイントだけで結構です。

例えば、「土地探し」をしていたときに、ノートにはとりあえず左上に見出しとして「土地探し」と書いていました。

これ、アンテナを自分の中で立ててるんですね。

そうすると、ブログや本などで気になった情報が見つかると、その下に書いていました。
P1020261

例えば、「雨の日にも見に行くといいですよ」というブログの記事があって、なるほどな~、と思って書き足しました。

とある本には、「平日・休日の昼・夜の4回場面を変えて見に行く」とありましたが、確かに「休日の昼」、しかも「晴れた日」にばかり土地を探していたので、「これだ!」と思う土地があったら、場面を変えて何度も足を運んで決めました。

スポンサーリンク


メリットとデメリットを比較せよ!

また、「2階」に「浴室」を持ってくるにあたり、ノートにそれぞれメリット・デメリットをブログの記事を検索したりして、まとめていきました。
P1020260

2階浴室は不安ではありましたが、ブログ記事でいろいろな意見を見ているうちに採用することにしました。

2階浴室賛成派、反対派、それぞれの主張をまとめて、どういうメリットがあるのか、どういうデメリットがあるのかを比較しました。

ここまで調べて考えてダメだったら、それはもうしかたがないというくらいまで悩みましたね。

ちなみに、住んでみてわかったメリットとデメリットについては次の記事に書いています。

⇒ Web内覧会#32 住んで分かった2階浴室&洗面所のメリットとデメリット

人間は、書くことで「ひらめく」!

不思議なことに、ときどきノートにメモしていると、違うアイデアを思いつきます。

そりゃもう、全く関係ないことなんですね。

トイレのことをメモしているのに、そういえば、パントリーの扉はこうしたらいいんじゃないか、とかふと思いつくことがあります。


たぶん、「書く」という行為をしているうちに、頭が働いているのではないかと思います。

アナログの良いところですね。


というわけで、これからブログを読むときには、ぜひとも家づくりノートを横に置いて、なんかいいネタないかな~、と思いながら読むと、みなさんの家づくりブログを120%活用できると思いますよ。



第4回では、いよいよ実際の家づくりに活かすときがやってきました。家づくりノートを作ったことによる3つの効果についてご紹介します。


次のページへ なぜ家づくりノートを作ると良い家づくりができるのか?(4)