4月になり、新年度が始まりました

入居1年。家計簿も1月からリラックマ家計簿に手書きです。
sP1010648
でも、正直なところ、毎月の収支はあまり重視していません。
それよりも、毎月末の銀行残高の記録に注目しています。

住宅ローンの繰上返済
と大きな関係があるからです




前から住宅ローンの繰上返済について私の考えは決まっているのですが、それでも、毎月の預金残高を見ていると、「繰上返済した方がいいかも」と思ってしまいます

でも残念ながら、は「積極的に繰上返済しない方がいい人」だと思っています

そもそもこのお金は、余裕資金ではありません。
単純に我が家の場合、借入金額が多いだけです

例えば、頭金1,000万円+住宅ローン3,500万円=4,500万円にすればいいところ、4,500万円借りてしまえば、頭金の予定だった1,000万円は余ります。

つまり、余裕資金ではなく、単なる「返済予定資金」です。

繰上返済ができて当たり前です。借りすぎなのですから。。。

しかも余計な利息もたくさん払わなければならない


さて、ここで一度、私が考える「積極的に繰上返済した方がいい人」と「積極的に繰上返済しない方がいい人」を比較してみます。


 積極的に繰上返済した方がいい人

次のうち2以上に当てはまる人
・借入期間が15年以内の人
・借入金額が2,000万円以下の人
・借入期間中に子供の教育費を用意しなくていい人
(例:子供がいない人、既に教育費の負担が終わった人、既に教育費を別に用意している人)
・共働きで子供の教育費も含めて一方の年収に収まる人



 積極的に繰上返済をしない方がいい人

次のうち2以上に当てはまる人
・借入期間が30年を超える人
・借入金額が3,000万円を超える人
・借入期間中に子供の教育費を用意しなければならない人
・共働きで子供の教育費も含めて一方の年収に収まらない人


に当てはまらない方はケースバイケースということで。

「積極的に」としているように、もちろん、するかしないかはそれぞれだと思いますが、「積極的に繰上返済をしない方がいい人」に当てはまる場合は、よく考えた方がいいのではないでしょうか。

我が家は、現時点で

・借入期間が35年
・借入金額が4,500万円
・借入期間中に子供の教育費を用意しなければならない
・共働きで子供の教育費も含めて一方の年収に収まらない


とすべて当てはまりますので、積極的にしない方がいい人です


ちなみに4,500万円(総返済額6,000万円)、35年の場合、月々の返済は13~14万円くらいです。

そこでシミュレーションです。我が家の場合、100万円の繰上返済をしたところで、
 ⇒ 期間短縮型の場合 34年に1年短縮
 ⇒ 返済軽減型の場合 月3,000円減額

です。

(参考)おススメサイトより
★★★ 日本住宅ローン|フラット35住宅ローンシミュレーション
     http://www.mc-j.co.jp/loan/kuriage.html
※フラット35の段階金利もカバーしています。繰上返済の事前シミュレーションにおススメです。


1,000万円の人が100万円の繰上返済をするのに比べて、正直なところ、「焼け石に水」なのです


それなら、「もしものときに100万円があればどれだけ大きいか!」ということで、繰上返済をしない方がいいと考えるのです。

これから子供たちの教育費がどうなるのか、

東海地方で大震災が起こったとき、やっぱりもつべきものはお金なのか、とか、

自分に万が一のことがあったら住宅ローンは団信で相殺だよ、とか、

会社の業績悪化・倒産、リストラや転職で収入が減ったらどうするのか、とか、

そんなことを考えれば考えるほど、我が家で繰上返済はリスクが大きいという判断をしております
(ときどき忘れて繰上返済をしようとしますけどね)。


ちなみに、次のサイトに「なるほど!」と思うことが書いてあったのでご紹介します。

(参考)フラット35 徹底攻略|繰り上げ返済はしない

要するに、

繰上返済で期間短縮/利息軽減すること」だけが、住宅ローン対策ではありません。

その分を貯金して、いつでも余力を持っていること」だって立派な対策です。

年金受給年齢の60~65歳までには完済するのが望ましいですが、これも「繰上返済で期間短縮すること」だけが対策ではありません。「60~65歳までに、完済できる分の貯金があること」も望ましい(なるほど~)。

というようなことです

最大35年間、何があるかわかりません。
生命保険で保障できないできごともあります。
そういうときに頼れるのはやっぱり目の前にあるお金。

長期間・たくさん借りた方は、利息を払う代わりに、私たちは何を買っているのかも、改めて検討した上で、繰上返済をするか、しないかを検討すると良いかと思います。


・・・というわけで、我が家は積極的に繰上返済をしてはいけないということを改めて確認したneronaなのでした

住宅ローンなんて早く返したい方も、この記事に共感していただいた方も、neronaがんばれ!という方も、いつもポチっと応援いただき、ありがとうございます。


にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ