この記事は、書庫のある家.comの「図解でわかる!住宅ローン控除の確定申告書の作成方法【平成28年版】」に移転しました。


基本情報の入力をしましょう。

第1回をまだお読みでない方は先に第1回をお読みください。

住宅ローン控除の確定申告の書き方 ~1.準備~

それでは、いよいよ「実際の確定申告書」の作り方に進んでいきます。

まずは、国税庁の「確定申告書等作成コーナー」を開きます。
  スポンサーリンク


2-1.「作成開始」ボタンをクリックします。

確定申告1

2-2.「書面提出」を選びます。

e-Tax(電子申告)ははじめて確定申告する方にはお金がかかって面倒なのでこのブログでは記事にしません。
確定申告2

2-3.「申告書等印刷を行う際の確認事項」を一通り読んでください。上に戻って、このボックスをクリックしてください。

確定申告3

1番下の「事前準備終了(次へ)>」を選びます。

それ以外も基本的にはこの作業をして次に行くので、今後は省略します。
確定申告4

2-4.「所得税コーナー」を選びます。

事業所得や不動産所得がない方が多いと思いますので、所得税コーナーで作成します。
確定申告5


2-5.「左記以外の所得にある方」を選びます。

今年から「給与・年金の方」という選択肢ができました。太陽光発電の売電収入がない場合はこちらを選んだ方が早いですが、真ん中を選んでおつきあいください。確定申告6


2-6.「確定申告書等を印刷して税務署に提出する。」がチェックされているか確認します。

確定申告7

続いて、「2 生年月日」に自分(確定申告する本人)の生年月日を入れます。

確定申告8


さて、ここまでで基本の登録は完了しました

第3回に続きます。

⇒ 住宅ローン控除の確定申告の書き方(3.給与・雑所得) 

飛ぶ前に応援ポチッとよろしくお願いします。

  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ