いつもお世話になっているヨシローさんの記事で「不動産取得税」について税務署に行ったら「不動産取得税の取り扱いは『県』なのでウチではありません。」と門前払いだった話が書かれていて、確かにわかりづらいなと共感しました

ヨシローさん|不動産取得税(土地)還付の手続きに行って参りました☆

県税事務所ってナニソレ

特に不動産に関する税金は国税・県税・市税が入り乱れ、役所がバラバラです。

今回は身近な税金を例にして、国税・県税・市税について理解を深めていただければと思います スポンサーリンク



<不動産の税金>
区分管轄 税金の種類
国税  税務署  所得税・・・住宅ローン控除、太陽光発電の雑収入など

贈与税・・・不動産の贈与、資金の贈与など

相続税・・・不動産の相続など

印紙税・・・売買・請負・金消契約書など

登録免許税・・・不動産登記

消費税・・・建物の購入・建築など
道府県税  道府県税事務所  不動産取得税・・・不動産の取得(購入・建築)

住民税・・・住宅ローン控除など 
市町村税 市役所・
町村役場
固定資産税・・・不動産の所有

都市計画税・・・不動産の所有

住民税・・・住宅ローン控除など 
(※)東京都は23区内がちょっと特殊ですので割愛します。
   また、消費税は正確には国税4%、地方税1%ですが・・・まあいいか。

これを見ていただくと、

 「なぜ固定資産税の調査は市役所(町村役場)の人が行うのか?」

 「不動産取得税の減免や還付請求は道府県税事務所で行うのか?」


といったことがわかるかと思います。
a0001_002726

そして、確定申告(所得税)は「税務署」へ。


ついでに、似たように入り乱れている「自動車の税金」についてもまとめておきます。

<自動車の税金>
区分管轄税金の種類
国税 税務署 自動車重量税・・・自動車の購入、車検

印紙税・・・車検

消費税・・・自動車の購入など
道府県税 道府県税事務所 
自動車税・・・自動車の所有
 
市町村税市役所・
町村役場

軽自動車税・・・軽自動車の所有


自動車税と軽自動車税の管轄が異なるんですよね。

歴史的な経緯でいろいろあって現在の姿になっているのですが、それにしても軽自動車税は破格です。