先日、使ってみて失敗したことに気づいた照明スイッチの位置は?という記事の中で、リビング・ダイニングの照明のスイッチについて書いたら、さんとみさんからリモコンのスイッチが切り替えられることを教えていただきました

ブログをやっていて、本当にありがたいのは、こういう情報をいただけることです。

私は職業柄、情報提供する仕事をしているため、「情報の価値」に敏感です。


スポンサーリンク



ネット上で自分に必要な情報というのは、本当に微々たるものです。
知りたいことがわからなかったり、ちょっとずれているだけで、価値がなかったり
もうちょっと踏み込んでくれればいいのに~、とか。

自分がピンポイントで欲しかった情報」をこのブログでは書いています。
微力ながら、みなさんにとって、「まさにこれだ!」と思う情報があれば、幸いです。

1つの記事について、たった1人の人が、このブログの記事を読んで良かった~♪と思っていただければ、私にとって何千人が見ていただく以上の価値があります

確定申告関連で立て続けにコメントをいただいたのは、まさに感謝感謝。

もしかすると、たった1人のあなたと共有したいためだけに、
このブログを書いているのかもしれません


・・・というわけで、前置きが長くなりましたが、さんとみさん、改めてありがとうございました

まさに「自分がピンポイントで欲しかった情報」です

説明を受けたかも覚えていないので、スイッチの存在に初めて気づきました。

コメントをいただいてから、すぐにリモコンはスイッチを切り替えたので、今日は遅くなりましたが、そのご報告です。


まず、そもそもどこかに行っていたリモコンを発掘

こちら、リモコンカバーをとると、なんと電池が!
P1010951
・・・って、そうじゃないですね。「1」と「2」という数字が見えますね。

これがさんとみさんに教えていただいたスイッチなんですね。

知ってましたか、奥さん

入居からもうすぐ1年、全然知りませんでした

だって、スイッチを押したらリビングとダイニングの照明が2つとも消えるんですもの

というわけで、2つあるリモコンをそれぞれ、「1」と「2」に分けて設定です。

そして、天井にあるシーリングライトを外してみると、
P1010950
ほほう。こんなところにも「チャンネル」と「3・2・1」という数字が。


あれ? 「ブザー」というものありますね。

そういえば、昨年6月に「なんか怖いです・・・」という記事を書きましたが、もしかしてこれが正体じゃ


気を取り直して、リビングとダイニングで「1」と「2」にそれぞれ設定



よ~し、これでOK、と思ったら、




早速、リモコンの色・形が同じでわからなくなりました



そう思っていたら、妻が
P1010952

このブログでは毎度おなじみリラックマテプラでシールを作成してくれました


    【Amazonで探す】    【楽天市場で探す】


これで、私でもどっちがどっちかわかります。