あけましておめでとうございます
今年も1年よろしくお願いします

さて、今年最初の記事でちょっと挨拶だけと思いましたが、とても気になってしまっていたので書くことにしました。

スポンサーリンク


いつも楽しく読ませていただいているつぶつぶ☆さんの記事の中で、

つぶつぶ☆さん|長期優良住宅をオススメされない理由とは? 

に多くの方がコメントをされていますが、一条工務店のi-cubeで建築し、何も考えずに「長期優良住宅」として認定を受けてしまいました

この記事が我が家の実例が迷われている方の実験台参考になれば幸いです

私からの問題提起は、「長期優良住宅は誰のため?」です。



まず、気になる申請費用の実例ですが、

建築申請・長期優良住宅手続及び諸費用 34万円

と我が家ではなっています(1万円未満は四捨五入)。


巷では申請の手数料や諸費用を合わせて30万円くらいはかかるそうなので、長期優良住宅の手数料だけを取り出すと20~30万円の間くらいでしょうか。
P1010715
3cmくらいの書類を最終的にはいただきました(1cm10万円?)。

そもそも、

「『長期優良住宅』って、なんですか

ということもわからずに、とりあえず申請しました

背景を調べてみると、日本の家の寿命は平均30年で諸外国の中では結構短く、また、今ある住宅を長持ちさせるよりも新しく家を建てるのを好む風潮にあるようです。

そうすると、「家を作っては壊し」を繰り返すことになります。

そこで登場するのが「長期優良住宅」ですが、言い換えれれば、「長持ちする家」です。
【長持ちする家のメリット】
 ・住宅を長持ちさせると自分・子・孫の住居費の負担が軽減される
 ・住宅を長持ちさせると住宅を売るときに資産になる
 ・住宅を長持ちさせると環境への負荷が低減する
(参考)国土交通省・長期優良住宅法関連情報

そこで、良い家を建ててもらって、しっかりメンテナンスをし、「長持ちする家」にするための制度を国が作りました。

 家を建てる前に「長期優良住宅」としての条件を満たす家の計画を出させる

 の計画に基づき、ハウスメーカーなどが家を建てる ⇒ 引渡し

 の計画に基づき、あなたが維持保全をし、その履歴(≒カルテ)を残す

 もし売買する時には、その履歴を買主が引き継いで維持保全を続ける

 もし相続する時には、その履歴を子など(相続人)が引き継いで維持保全を続ける


というような流れでしょうか。



さて、ここで考えてみたいのは、最初の問題提起です。


長期優良住宅は誰のため?>

この問いに自分なりに考えてみました。

 【居住】自分と家族のため!
税金が優遇される制度となっています。

また、現代の最大のリスクは「(お金がない)長生き」だと考えています。
老後に十分お金があるとは限りません。長生きすると生活は苦しくなります。
生活費の大きな部分を占める居住費は、長持ちする家を建てることで軽減できる可能性があります

 【売買】自分と家族のため!
この制度の1つの目的は、「良い中古住宅」を増やして中古住宅がたくさん取引されるようにすることにありそうです。
そうすると、売るときに一般の住宅より高く売れるお墨付きがある長期優良住宅はなんだかよさそうです

 【相続】子供・孫のため!
をもう少し先まで考えてみると、子供たちや孫がその家を引き継げば、彼らが払う居住費を減らすことができます。一般住宅でも普通に行われていることですが、日本の家の平均寿命が30年であることを考えると、一般住宅よりさらに後世に残せるという意味で長期優良住宅はいいのかもしれません

 【建築】ハウスメーカーなどのため!
性能が高い住宅ですから、工事費がアップすると言われています。

また、メンテナンスをハウスメーカーで引き続き行ってもらうと、1つの家で長く利益が出ることになりそうです


さて、他にも地球環境のためとか思いつきそうですが、壮大すぎるので置いといて、上記の理由を自己否定してみたいと思います。


 【居住】自分と家族のため?
税金の優遇はありますが、一般の方は高い申請料で消えないでしょうか?
こういう制度は最初の方ほど優遇して、あとになると優遇は減っていきますので、今後、ますます優遇メリットは減ります。

また、長期優良住宅「仕様」にすれば、高いお金を払って申請をしなくても、長持ちする家になってメリットは享受できます。申請をしなくても手に入りますね。
(一条工務店のi-cubeは標準仕様が長期優良住宅仕様ですね。)

メンテナンスも長期優良住宅のメンテナンス計画を参考にして、自己管理をすればいいのかもしれません。メンテナンスは誰でもするものです。

メンテナンスをやらなかったら罰金がある長期優良住宅にする必要はありますか?

 【売買】自分と家族のため?
家の価値はお墨付きがあることで有利になるか、誰かが保証してくれるのでしょうか。
有利になるかもしれませんし、ならないかもしれません。

そもそも売らない前提であれば、長期優良住宅にする必要はありますか?

 【相続】子供・孫のため?
子供・孫が喜ぶのは、「建物」よりも「土地」のような気がします。 
また、長期優良住宅の基準なんて、10年後、20年後、30年後は家の性能がもっとよくなっていて、軽くクリアしているのではないでしょうか。
一般住宅も長期優良住宅も30年後、50年後に家の価値なんてそんなに差が出るのでしょうか?

価値が減少する家の価値をちょっと高める長期優良住宅にする必要はありますか?

 【建築】ハウスメーカーなどのため?

長持ちする家は、電池メーカーが充電池を売るようなもので、矛盾しています。
どちらかというと、申請もメンテナンスも手間だけかかって、嫌がるところも多いかもしれません。新築の方がよっぽど利益が出そうです。

ハウスメーカーの担当者が嫌がっても、長期優良住宅にする必要はありますか?


というわけで、長期優良住宅にしたものの、これでよかったのか正月早々よくわからなくなってきたneronaです


あなたは長期優良住宅にしますか?

さらに発展記事

kokkoさん|長期優良住宅の固定資産税は高い?
        長期優良住宅の住宅ローン控除はお金持ちだけにメリットがあるのか?

kokkoさんのわかりやすい記事はいつも勉強させていただいています