年末のご挨拶に営業さんが久しぶりに我が家を訪ねてくれました。

そのときにいただいたのが、タイトルの「VOICE of ICHIJO VOL.2」でした。
今回は「夢発電」の特集ですね

sP1010695



スポンサーリンク


以前、どなたかが記事にされていたように思いますが、愛知県はダントツで多いですね~
sP1010696

地震に強い家という印象よりも、太陽光発電をがっつり載せる家という印象になんだか一条工務店のイメージが変わっているのは私だけでしょうか
sP1010698

とあるアンケートで夢発電を始めてよかったなと思った方は、92.1%だそうです。

我が家も年間通せば、かなり太陽光発電にお世話になってますので、始めてよかったなと思います。

今年の水道光熱費は下記の通りでしたが、太陽光発電には「発電した電気を売電すること」よりも「発電した電気を消費すること」でかなりお世話になっています
(※売った方が得なのは百も承知です。)

本当なら、もっと電気代がかかっておかしくないわけですので、個人的には夢発電は、自己消費と売電で発電払いが返せたらもうけもの、という感覚です。

今後、電気代が高くなっていけば、その恩恵はますます増えるような

電気代が高くなることへの防衛策にもなるのではないかと思っています。


というわけで記事の中で気になったのは、「「10kW超」が圧倒的におトク! 太陽光発電全量買取制度スタート!」ですね。(10kW以上?)
sP1010697


10kW未満であれば、余剰買取で10年間 42円

10kW以上であれば、全量買取 or 余剰買取で20年間 40円+消費税※
※消費税率が5%なら合計42円、10%なら44円

ということで、「選択肢」が増えてるんですよね~。

これから一条工務店で建てる皆さんは悩まれているわけですが、やっぱり、全量買取20年間はうらやましいですね

損得よりも、やってみたかったです
(neronaは計算して動いているように見えて、ただのミーハーです

一条工務店では、「夢発電所プロジェクト」のモニターを募集されているようで、我が家もタイミングが違っていたら、いい実験台になったのに