自宅の屋根に太陽光発電パネルを設置する方が増えてきましたが、確定申告時期になると、太陽光発電の売電収入で確定申告をしないといけない方は、「雑所得」なのか「事業所得」なのかで悩むようです。
スポンサーリンク



結論としては、余剰売電(余剰買取)でも全量売電(全量買取)でも、所得税の確定申告をするときには雑所得です。

まとめると、
無題
となります。


余剰電力の売却収入については、それを事業として行っている場合や、他に事業所得がありその付随業務として行っているような場合(例:個人開業医が診療所の屋根に設置している場合は、事業所得(医業)の付随業務に)には事業所得に該当すると考えられますが、給与所得者(サラリーマンや公務員)が太陽光発電設備を家事用資産として使用し、その余剰電力を売却しているような場合には、雑所得に該当する(国税庁の質疑応答事例)、と説明されています。


また、給与所得者がこの全量売電を行っている場合の売電収入も、それが事業として行われている場合を除き、雑所得に該当する(国税庁の質疑応答事例)、と説明されています。

(出典)国税庁:自宅に設置した太陽光発電設備による余剰電力の売却収入
 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/02/44.htm

ちなみに、事業所得になるレベルというのは、自宅の屋根に設置するような場合ではあまり想定されていないようです。


全量売電は10kWh以上なので、シミュレーションをされている方たちの売電収入を見ていると、太陽光発電で確定申告を当たり前にするような時代が来るのかなと思うところです



人気記事

nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するときに気をつけること


日本経済新聞を解約して無料で読むとても簡単な方法