通常、内覧会というものは、「ある」ものについて書くべきものですので、「ない」ものについて書く(嘆く?)のは別の記事でやればいいじゃんと思うわけです。

ただ、一応前回のバルコニーの記事の延長線上にあると考えられるので、「番外編」として書いてみたいと思います


スポンサーリンク



例えば本日、昼から雨が降っております

雨のバルコニーでさすがに干すことはできません

というわけで、室内干しとなるわけですが、我が家では伝家の宝刀(?)ホスクリーンなどの室内干しの設備を
設置しませんでした

一条工務店でもオプションであるんですが・・・。

というわけで、内覧会でご紹介することができません。

そこで今回のタイトルになったわけですが、我が家ではホームセンターなどで便利グッズを買っています。

1つはこれですね

バスタオル用の物干し(バスタオルハンガー?)。
sDSCN7022
バスタオルを最大16枚かけることができます。

普段はこのとおり、折りたためます。
sDSCN7025
欠点は、場所をとるので、現在、子供部屋になるであろう洋室は、このためのスペースとなっています。

将来は主寝室にくるのかな・・・。

もう1つはパイプハンガーですね。

以前住んでいたマンションで収納スペースが足りなかったので使っていましたが、引っ越してからは洗濯物干しになっています
BlogPaint
ハンガーにかけたものでも干せます。

一条工務店の家は「乾燥」すると良く言われますが、室内干しではメリットになるような。

室内干しをしても嫌な臭いは感じませんね


でも、もし余裕があるのなら、ホスクリーンを設置してもよかったなと雨の日になると思います

ちなみにホスクリーンを設置するときの注意点は、次の通りです。

 洗濯動線上になるように、干しやすい位置を考えましょう。

多いのはバルコニーに面した主寝室や洗面所などでしょうか。

 下に物を置くかどうか良く考えましょう。

特に部屋の中に設置する時には、タンスなどを置いてしまって、使えなくなると意味がありません

 洗濯物を干す時の数を考えて、ホスクリーンの数を考えましょう。

少ないと、結局そもそもない我が家と同じかもですよ

もしつけていたら、我が家の場合は、バルコニーに面した主寝室に4つくらい用意したでしょうね。