第37回目までで2階水回りが終わりましたので、次は「洋室」です。

スポンサーリンク



図面では、「洋室」・「洋室(2)」が該当します。
無題

それぞれ5.33帖の部屋です。

いわゆる子供部屋ですね。

図面には、子供部屋を想定して机・イスのセットとベッドをイメージした点線が
記載されていますね

といっても、図面でいうと下の「洋室」には私の私物が置かれています。
P1000177
P1000176
これで後はベッドを置いてもまあまあの広さです。
子供にはちょうどいいくらいかな。

もう1つの図面でいうと上の「洋室(2)」には妻の私物が置かれています。
P1000178
P1000179


ちなみに、その後、子どもが産まれて主寝室から衣類が全部両方の部屋に移ってしまったので、現在ではごちゃごちゃしています

残念ながらあんまり写真が撮れなくなってしまった部屋です。


そもそも「子供部屋」にするには自分達の私物をどこかに片付けないといけないため、果たして本当に子供部屋はできるのか!?という意味でタイトルを「幻想」としました。
(そんなに深い意味はありません。)

ほんと、どうするんでしょうね

まあ、子供たちが大きくなってから考えましょう。

いっそ、子供部屋なんてなしという手も
(ダメ・・・?)


さて、この両方の部屋は、図面の赤い部分が「引き戸」になっていますので、開けっ放しにすれば10帖以上の一続きの部屋になります。
無題2
将来のことを考えたよくある間取りですね。

3連の扉を閉めるとこんな感じです。

sDSCN7074

sDSCN7072

どうなるか良くわからなかったので、なんとでもなるようにしたところが、逆にこの部屋のこだわりなのかもしれませんね。