今回のテーマは、階段と2階の各部屋を結ぶ2階ホールです。


スポンサーリンク



ホール(要するに廊下)なんて紹介するほどのものなの?と思うところですが、ホールも間取りの一部ですから、上手く工夫をしないと使いづらい家になってしまいますし、その施工面積分もちゃんとお金がかかっています。

下の図面のように、ホールから各部屋にどうやって続けるかはポイントですよね
無題


写真で見ると、こんな感じです。

sP1010583

sP1010584

sP1010582


ちなみに、ホールは暗くなりがちなので、我が家では下の照明をつけてます。
P1000184
見せることを想定していないのでホームセンターで買った安いものですが


さて、できるだけホールなんてない方がいいという考えもあるかと思います。

その場合には、「部屋」自体を廊下がわりにすれば可能ですね


ただ、ここで考えたいのは、あえて「ホール」を作る最大のメリットはなんでしょうか?ということです。

私が考える最大のメリットは、

「隠せる」

ことです


最初の図面をもう一度見ると、ホールは4つの部屋がつながっています。
無題
つながっていますが、いずれも「ドア」があります。

ドアがあるということは、「隠せる」わけですよね

昨日も両親が久しぶりに訪ねて来ましたが、4つのうち1部屋を見せることになりました。

他の部屋はドアで隠して「なかった」ことに

もしこれが部屋を通らないと他の部屋に行けない構造になっていたら、大変ですね。

・・・まあ、そんなに頻繁にプライベートスペースにしている2階を見せるわけではないのですが


そんなわけで最大のメリットと言いながらしょぼかったわけですが、他に考えるメリットは、「ちょっとした余裕」があることでしょうか。

我が家ではホールがそれほど広くないので、単なる通路だけでカウンターテーブルとイスを置いたり、本棚を置いたりといった機能はありません。

収納ができない無駄なスペースという意見もあるかもしれませんが、スペースとしての無駄はあってもいいように感じます。

ちょっとした余裕のようなものですね。


まあ、壁がいっぱい空いているので、いつか子供が描いた絵でもかけてみるといいかもしれません