何の変哲もない我が家の「立水栓」だけで1つの記事にするなんてどうかと思うのですが、タイトルのようにちょっとした「失敗」をしてしましたので取り上げてみました

スポンサーリンク


現物はこちらです。

【商品名】立水栓
sP1010599
立水栓自体はどこにでもある普通の立水栓ですので、失敗しようがないのですが、我が家が失敗したのは「位置(設置場所)」です。

変なところにつけても水やりや自動車の洗車などに使いづらいかもしれません。

そうだとすると痛い失敗ですね

しかし、特にホースさえちゃんとしたものをつければ我が家では特に問題ありません。

今回のミスはそういう位置のことではありません。


一条工務店では、「立水栓」自体はつけてくれますが、その水を受けるための「水受け」は標準ではないようです(オプション?)。

当初は一条提携の外構業者さんに外構を依頼したら、その外構業者さんのサービスとして無料で水受けを作りますとのことだったので、全然気にしてませんでした

ところが、我が家では結局、外構業者を自分たちで探したので、引き渡し後に「水受けがない」ことに気付きました


その外構業者に作ってもらうこともできたのですが、サービスではありません。お金がそこそこかかります。

そんなことなら「ホームセンターでも行けば安く手に入るだろう」と自分たちで何とかすることにしました。


でも、これがなかなか良い大きさが見つからず、いろんなホームセンターを夫婦で周りました

さて、よく見る水受けをなんとか購入しました。

特にこだわりはありませんでしたし、DIYするつもりもなかったので、数千円の小型のものです。
sP1010597

いざ設置しようとした時に、失敗に気づきました

うまく設置できない(はまらない)のです

どうやら立水栓の位置が微妙に家に近くて、水受けをはめるには数ミリのことですが、余裕がないようです。

せっかく買ってきたのでとりあえずつけていますが、「斜め」になってしまって、水色の部分に水が溜まってしまいます
sP1010598
もちろん、他の水受けにすればうまくはまるものもあるかもしれませんが、水受けのことを全然考えないで立水栓を検討してしまった上に、サイズも測らずに水受けを買ってしまったと、ミスが重なってしまいました

これから建てられる方は、こんな失敗しないようにご注意くださいね。
(こんな失敗するの、私くらいかな

水受けにこだわった方もこだわらなかった方も、いつも応援ありがとうございます