さて、1階編も終わり、2階へ行きますよ。

というわけで、2階建ての家なら必ずあるはずの「階段」について取り上げたいと思います

階段下については

Web内覧会#30 永遠のテーマ「階段下」 で

リビング階段については

Web内覧会#27 リビング階段の寒さ対策  で

書いていますのでこちらもよろしければどうぞ。 スポンサーリンク



一条工務店のi-cubeでは、3種類の色合いから選ぶことができます。

プレーン、ナチュラル、ミディアム。

右へ行くほど色は濃くなっていきます。

ちなみに我が家はプレーンです。

妻と最初から意見が一致してよかったよかった。

プレーンVSミディアムみたいになっていたらどうなったことやら

床もドアなど一部を除いて選んだ色で統一されるわけですが、階段はその分かりやすい例外の1つなんですよね
sP1010466

手すりもステップも一緒に写っているプレーンの扉に比べると、なんだか濃いですよね。。。

どちらかといえばナチュラルなんでしょうか

営業さんにも「プレーンはないんですか?」と聞いたことがありますが、「ないんですよ~」と予想通りの答えが返ってきました。

用意してもよさそうな。。。


それはさておき、「階段」は他の部屋や設備に比べると地味ですが、間取りの要素の中でも意外と重要です。

「え? 階段なんてそんなに工夫の余地があったかな」

それがあるんですよ。

大きく2つの点にご注意ください。


 命に関わるため、安全な階段にしましょう。

最近も途中で踏み外して落ちそうになりました

これが赤ちゃんを抱っこしているときだったらと思うと恐ろしくなります

角度は緩やかに、1段1段、余裕をもった階段にしたいですね。

ちなみに、我が家は数えてみたら14段でした。

傾斜は普通でしょうか。


 どこに作るかで1階も2階も変わってしまいます。

階段の位置や形状によって、1階と2階の間取りに大きな影響を与えます。

これって家づくりの中では結構重要なことですよね。

我が家では、2階の中心に来るようにしているため、2階の各部屋への動線は良いのではないかと思っています。

もし階段を家の隅の方に作ってしまうと、反対側にある部屋まで廊下を伸ばさないといけないので、スペースが無駄になってしまうかもしれません。

上り下りをすることを考えて、どこから上がると便利なのか、どこから下りると便利なのかをシミュレーションしてみるといいですよ


ちなみに、我が家の2階の図面を見てみると、次のように階段からそれほど遠くない位置に各部屋の入口が来るようになっています。
無題

まあでも使ってみると、洗面所はもう少し階段に近くても良かったなと思いました。まあ、この間取りでは仕方がないことですが